奈良の地酒屋 登酒店

美吉野醸造
花巴 水もと純米 木桶仕込 無濾過生原酒 29BY


花巴 水もと純米 木桶仕込 無濾過生原酒|美吉野醸造  清酒造りの起源・・・・水もと(菩提もと)造り
 
吉野杉の木桶仕込バージョン♪

 美吉野醸造が造る「水もと(菩提もと)造り」の純米酒です。
 23BYより名称が「太古の滴」から「水もと純米」に変わりました。

 水もと(菩提もと)造りとは、室町時代に奈良県は菩提山正暦寺において創醸された醸造法です。製造工程で「生米」を使用することが特徴で、奈良県独自の地域特性ある濃醇な純米酒です。

 この花巴の「水もと純米」は、地元吉野の吉野杉で作られた木桶を使用し、じっくりじっくり時間をかけて、しっかり米の甘みや旨みを引き出して醸しています。


 この29BYは酵母の食いきりが強く、例年よりもやや早めに発酵が進む傾向にありました。
 その結果、例年ほどの甘みのある仕上がりではなく、やや甘みの少ない仕上がりとなりました。
 自然に任せて醸造しているが故の結果ですが、逆に新鮮な味わいがあり、面白い仕上がりとなっています。

 香りには乳酸系のニュアンスが感じられ、ヤクルトのような雰囲気。
 ほのかに木の香りも感じられます。

 口当たりは瑞々しく、爽やかな酸味主体のアタック。
 ほんのり甘酸っぱい要素は感じられますが、例年よりもクリアーでスッキリとした味わい。

 甘みの要素が少ない分、スマートさがあり、食事にも合わせやすく、やや軽快に飲み進められる仕上がりです。

 これからの熟成により、ええ感じに旨みがのってきそうで、これまた楽しみです。


 
この”木桶仕込”による”水もと純米酒”は、当店限定販売のお酒となっています。

原料米 吟のさと 精米歩合 70%
日本酒度 +4 酸度 4.5
アルコール度 15 酵母 無添加
品 名  完売致しました 価格
花巴 水もと純米 木桶仕込 無濾過生原酒 29BY 720ml \1,400 (外税)

品 名 価格
花巴 水もと純米 木桶仕込 無濾過生原酒 29BY 1800ml \2,800 (外税)

   





美吉野醸造
花巴 水もと純米 木桶仕込 無濾過生原酒 30BY


花巴 水もと純米 木桶仕込 無濾過生原酒|美吉野醸造  清酒造りの起源・・・・水もと(菩提もと)造り
 
吉野杉の木桶仕込バージョン♪

 美吉野醸造が造る「水もと(菩提もと)造り」の純米酒です。
 23BYより名称が「太古の滴」から「水もと純米」に変わりました。

 水もと(菩提もと)造りとは、室町時代に奈良県は菩提山正暦寺において創醸された醸造法です。製造工程で「生米」を使用することが特徴で、奈良県独自の地域特性ある濃醇な純米酒です。

 この花巴の「水もと純米」は、地元吉野の吉野杉で作られた木桶を使用し、じっくりじっくり時間をかけて、しっかり米の甘みや旨みを引き出して醸しています。


 この30BYは例年以上に酸がしっかりと出た年となりました。
 グレープフルーツなど柑橘系の爽やかな要素を感じる酸が特徴的な仕上がり。
 自然に任せて醸造しているが故の結果ですが、毎年違った表情を見せてくれる面白さがあります。


 香りには乳酸系のニュアンスが感じられ、ヤクルトのような雰囲気。

 口当たりは瑞々しく、しっかりとした酸を伴うアタック。
 ほんのり甘やかな雰囲気に、グレープフルーツ的な酸や果実味が広がります。

 水もとらしい、ヨーグルトのようなニュアンスはありつつ、クリアーで軽やかさや爽やかさのある仕上がりです。

 若いうちは酸が際立って感じられますが、時間の経過と共に甘みや旨み・コクが増し、調和してきます。


 ※瓶によって若干澱が絡んでいるものもございます。予めご了承くださいませ。

 
この”木桶仕込”による”水もと純米酒”は、当店限定販売のお酒となっています。
原料米 吟のさと 精米歩合 70%
日本酒度 -8.8 酸度 4.9
アルコール度 16 酵母 無添加
品 名 価格
花巴 水もと純米 木桶仕込 無濾過生原酒 30BY 720ml \1,400 (外税)

品 名  完売致しました 価格
花巴 水もと純米 木桶仕込 無濾過生原酒 30BY 1800ml \2,800 (外税)

   





美吉野醸造
花巴 水もと純米 木桶仕込 無濾過生原酒 2019


花巴 水もと純米 木桶仕込 無濾過生原酒|美吉野醸造  清酒造りの起源・・・・水もと(菩提もと)造り
 
吉野杉の木桶仕込バージョン♪

 美吉野醸造が造る「水もと(菩提もと)造り」の純米酒です。
 23BYより名称が「太古の滴」から「水もと純米」に変わりました。

 水もと(菩提もと)造りとは、室町時代に奈良県は菩提山正暦寺において創醸された醸造法です。製造工程で「生米」を使用することが特徴で、奈良県独自の地域特性ある濃醇な純米酒です。

 この花巴の「水もと純米」は、地元吉野の吉野杉で作られた木桶を使用し、じっくりじっくり時間をかけて、しっかり米の甘みや旨みを引き出して醸しています。


 この2019BYは気温の低い時期の仕込みになったことで、低温で長期発酵の経過をたどりました。
 吟醸造りに近い温度経過・もろみ日数になったことで、例年よりもやや軽やかで綺麗な味わいに仕上がりました。
 自然に任せて醸造しているが故の結果ですが、毎年違った表情を見せてくれる面白さがあります。


 香りには乳酸系のニュアンスが感じられ、ヤクルトのような雰囲気。

 口当たりは瑞々しく、軽やか。
 ほんのり甘やかで、透明感のあるクリアな飲み口。

 しっかりと酸は感じられつつも、例年よりもスッキリとした味筋に爽やかな甘酸っぱさがあり、飲み心地よい仕上がりです。

 これからの時間経過により、甘みやリッチな旨みが感じられるようになっていきます。


 ※瓶によって若干澱が絡んでいるものもございます。予めご了承くださいませ。

 
この”木桶仕込”による”水もと純米酒”は、当店限定販売のお酒となっています。
原料米 吟のさと 精米歩合 70%
日本酒度 -6.4 酸度 3.8
アルコール度 16 酵母 無添加
品 名 価格
花巴 水もと純米 木桶仕込 無濾過生原酒 2019 720ml \1,500 (外税)

品 名 価格
花巴 水もと純米 木桶仕込 無濾過生原酒 2019 1800ml \3,000 (外税)

   





美吉野醸造
花巴 水もと純米 木桶仕込 無濾過生原酒 直汲にごり 2019


花巴 水もと純米 木桶仕込 無濾過生原酒 直汲にごり|美吉野醸造  ほどよいクリーミー感♪

 美吉野醸造が造る「水もと(菩提もと)造り」の純米酒です。
 23BYより名称が「太古の滴」から「水もと純米」に変わりました。

 水もと(菩提もと)造りとは、室町時代に奈良県は菩提山正暦寺において創醸された醸造法です。製造工程で「生米」を使用することが特徴で、奈良県独自の地域特性ある濃醇な純米酒です。

 この『直汲にごり』は、地元吉野の吉野杉で作られた木桶を使用し、じっくりじっくり時間をかけて、しっかり米の甘みや旨みを引き出して醸したお酒に、澱を残したスペシャルなお酒です。

 この2019BYは気温の低い時期の仕込みになったことで、低温で長期発酵の経過をたどりました。
 吟醸造りに近い温度経過・もろみ日数になったことで、例年よりもやや軽やかで綺麗な味わいに仕上がりました。
 自然に任せて醸造しているが故の結果ですが、毎年違った表情を見せてくれる面白さがあります。


 香りには爽やかな乳酸系のニュアンスが強く、乳酸菌飲料やヨーグルトのような雰囲気も感じられます。

 口当たりはフレッシュ。
 やや軽快さのある飲み口に、ほんのり甘やかでクリーミーさを伴うジューシーな旨み。

 爽やかな乳酸系の酸を伴う甘酸っぱさにグレープフルーツのような果実感。
 爽快感があり、澱由来のクリーミーさはあるものの、重たさやコッテリ感は少なく、意外にキレイな仕上がり。

 余韻にかけて少々ドライな雰囲気も感じられます。


 この”木桶仕込”による”水もと純米酒”は、当店限定販売のお酒となっています。

※このお酒は、瓶内で活性している可能性がある濁り酒になります。
  以下、開栓方法です。


■ 開栓方法 ■
開栓前は立てた状態で、よく冷やしておいて下さい。
@穴あき栓の穴にシールが貼ってありますので、そのシールを剥がして内部のガスを逃がして下さい。
全く液面に変化が無く、ガスが抜ける感じがなければ、そのまま開栓して頂いて大丈夫です。
Aガスが抜け、液面が落ち着きましたら開栓して下さい。
液面がせりあがることで穴が詰まった可能性がある場合は、穴にアイスピックなどで穴を開けてガスを抜いて下さい。
その場合、穴から吹き出す可能性がありますので、指で穴を塞いだり開けたりしながらガス抜きを行って下さい。

原料米 吟のさと 精米歩合 70%
日本酒度 -6.4(瓶詰時) 酸度 3.8
アルコール度 16 酵母 無添加
品 名  完売致しました 価格
花巴 水もと純米 木桶仕込 無濾過生原酒 直汲にごり 2019 720ml \1,500 (外税)

品 名 価格
花巴 水もと純米 木桶仕込 無濾過生原酒 直汲にごり 2019 1800ml \3,000 (外税)

   





美吉野醸造
花巴 水もと純米 春仕込み 無濾過生原酒 常温生熟成 27BY


花巴 水もと純米 春仕込み 無濾過生原酒 常温生熟成|美吉野醸造  清酒造りの起源・・・・水もと(菩提もと)造り
 
春仕込みバージョンを常温熟成♪

 美吉野醸造が造る「水もと(菩提もと)造り」の純米酒です。
 23BYより名称が「太古の滴」から「水もと純米」に変わりました。

 水もと(菩提もと)造りとは、室町時代に奈良県は菩提山正暦寺において創醸された醸造法です。製造工程で「生米」を使用することが特徴で、奈良県独自の地域特性ある濃醇な純米酒です。

 この”春仕込み”は、水もと仕込が室町時代、彼岸の暖かい気候でも醸造できる製法とされていたことから、現代の寒仕込みとの違いを確かめるべく、春の暖かくなる時期に温度管理をせずに仕込んだものになります。

 モロミ温度も高く、発酵期間も通常よりもだいぶ短期間での上槽となり、甘みの少ないキレキレの”水もと”となりました。

 そんなお酒を蔵内にて生原酒のまま常温貯蔵。
 常温貯蔵によって、よりワイルドな味わいになっています。


 香りには乳酸系のニュアンスを感じますが、冷蔵貯蔵に比べると幾分穏やかになっている印象。

 口当たりは酸味主体のアタック。
 重くない程度にボリューム感や密度感があり、乳酸的要素のある柑橘系の酸が広がります。

 もともとは、甘みがほとんど感じられず、ドライな味筋にヨーグルトのような雰囲気が寄り添ったような味わいでしたが、若干ふくよかな要素も顔を出し、ドライな中にも熟味的な雰囲気が感じられるようになりました。

 が、まだまだ酸味主体で甘みの要素が少ないので、これからの熟成でどのようになるのかも興味がそそられます。

原料米 吟のさと 精米歩合 70%
日本酒度 +10 酸度 4.8
アルコール度 16.8 酵母 無添加
品 名  完売致しました 価格
花巴 水もと純米 春仕込み 無濾過生原酒 常温生熟成 27BY 1800ml \2,800 (外税)

   





美吉野醸造
花巴 水もと純米 SODA POP 活性にごり生原酒
2019


花巴 水もと純米 SODA POP|美吉野醸造  水もと仕込みの活性にごり!

 美吉野醸造が造る「水もと(菩提もと)造り」の純米酒です。
 23BYより名称が「太古の滴」から「水もと純米」に変わりました。

 水もと(菩提もと)造りとは、室町時代に奈良県は菩提山正暦寺において創醸された醸造法です。製造工程で「生米」を使用することが特徴で、奈良県独自の地域特性ある濃醇な純米酒です。

 この”SODA POP”は、水もと仕込みの純米酒を実験的に活性にごり酒にした、乳酸系ソーダ飲料を思わせる爽やかな仕上がりとなっています。


 香りには水もとらしい乳酸系ヨーグルトのようなニュアンス。

 口当たりには発泡感があり、フレッシュ。
 甘やかな要素と爽やかな酸による甘酸っぱい味わいに、瓶内発酵によるシャープさが加わり、甘スッキリとした飲み心地。

 カルピスソーダやヨーグルトラッシー、軽快でスッキリとしたどぶろくのような雰囲気です。

 肉料理やスパイスの効いた料理などにもオススメです。

 活性にごり酒の為、そのまま開栓すると確実に噴きこぼれます。
 以下の開栓方法を参考に、ゆっくり開栓してください。



■ 開栓方法 ■
開栓前は立てた状態で、よく冷やしておいて下さい。
@キャップをゆっくり開けていきます。
A活性している場合は、ガスが抜ける音がして、液面がせり上がってきます。
 活性していない場合はそのまま開栓してお楽しみ下さい。
B液面が瓶口に達する前にキャップを締めます。
C液面が下がってきたら再びキャップをゆっくり開けていきます。
DB〜Cを繰り返して、キャップを緩めても液面が上がってこなくなったら開栓して下さい。

 
活性の状態は瓶によって個体差がございます。
 予めご了承くださいませ。

原料米 吟のさと 精米歩合 70%
日本酒度 酸度
アルコール度 17 酵母 無添加
品 名  完売致しました 価格
花巴 水もと純米 SODA POP 活性にごり生原酒 2019 720ml \1,600 (外税)

   





美吉野醸造
HANATOMOE 水もと×水もと 無濾過生原酒 2019


HANATOMOE 水もと×水もと 無濾過生原酒|美吉野醸造  清酒造りの起源・・・・水もと(菩提もと)造り
 
”水もと”を使用して造る特別な”水もと”純米酒!

 この”水もと×水もと”は、酸の表現が生み出す新たな味わいの可能性を追求した、ちょっと特別な花巴となります。
 水もと純米酒を水もとの仕込み水の一部として使う貴醸酒の製造方法で醸造された水もととなります。
 水もと製法の持つ乳酸のニュアンスがギュッっと凝縮されたセクシーなお酒に仕上がっており、水もとに取り組む蔵だからこそできる、新たな味わいのチャレンジです。


 香りにはヤクルトのような乳酸系の爽やかさに、少々カラメルやトロピカルな要素も感じられます。

 口当たりには円みのある、しっとりとした飲み口。
 ほのかにトロっとした粘性を感じる口当たりです。

 しっかりと甘さは感じられるものの、グレープフルーツ的な果実感を伴うしっかりとした酸が広がります。

 密度感のあるリッチな旨み・エキス感があり、水もと仕込みの個性をギュっと凝縮した味わいです。

 しっかりと濃厚な甘口ではありつつも、ベタ重い甘さではなく、爽やかな酸が効いていることで、飲み心地良いバランスに仕上がっています。

 熟成による味わいも期待させる仕上がりで、これからの変化も楽しみです。


 水もと(菩提もと)造りとは、室町時代に奈良県は菩提山正暦寺において創醸された醸造法です。製造工程で「生米」を使用することが特徴で、奈良県独自の地域特性ある濃醇な純米酒です。

原料米 酒母:吟のさと
麹:山田錦
掛:五百万石
精米歩合 70%
日本酒度 -42 酸度 5.2
アルコール度 18.7 酵母 無添加
品 名  完売致しました 価格
HANATOMOE 水もと×水もと 無濾過生原酒 2019 720ml \1,800 (外税)

品 名 価格
HANATOMOE 水もと×水もと 無濾過生原酒 2019 180ml \3,600 (外税)

   





美吉野醸造
HANATOMOE 水もと×水もと 無濾過生原酒 B2 2019


HANATOMOE 水もと×水もと 無濾過生原酒|美吉野醸造  清酒造りの起源・・・・水もと(菩提もと)造り
 
”水もと”を使用して造る特別な”水もと”純米酒!

 この”水もと×水もと”は、酸の表現が生み出す新たな味わいの可能性を追求した、ちょっと特別な花巴となります。
 水もと純米酒を水もとの仕込み水の一部として使う貴醸酒の製造方法で醸造された水もととなります。
 水もと製法の持つ乳酸のニュアンスがギュッっと凝縮されたセクシーなお酒に仕上がっており、水もとに取り組む蔵だからこそできる、新たな味わいのチャレンジです。

 この【B2(仕込番号)】は、通常の「水もと×水もと」と少し違うアプローチで醸造した試験醸造的なものになります。
 アプローチの詳しい内容は、企業秘密?ですが、レギュラータイプとはまた違った仕上がりとなっています。


 香りは比較的穏やか。
 ほのかに乳酸的なニュアンスも感じられます。

 口当たりには円みがあり、柔らか。
 優しい甘さと共にリッチなエキス感が広がります。

 濃密さはありつつも、軽やかさのあるジューシー感があり、瑞々しさを伴う甘酸っぱさが楽しめる味わい。

 余韻にかけて乳酸的な要素はありますが、レギュラータイプに比べるとヤクルト的要素は少なく、円みのある優しい仕上がりとなっており、飲み心地のよさも特徴的です。


 リッチでボディのある味わいならレギュラータイプ、柔らかで優しい味わいならこのB2という感じです。


 水もと(菩提もと)造りとは、室町時代に奈良県は菩提山正暦寺において創醸された醸造法です。製造工程で「生米」を使用することが特徴で、奈良県独自の地域特性ある濃醇な純米酒です。

原料米 酒母:吟のさと
麹:山田錦
掛:五百万石
精米歩合 70%
日本酒度 -40 酸度 4.0
アルコール度 16.1 酵母 無添加
品 名 価格
HANATOMOE 水もと×水もと 無濾過生原酒 B2 2019 720ml \1,800 (外税)

品 名 価格
HANATOMOE 水もと×水もと 無濾過生原酒 B2 2019 180ml \3,600 (外税)

   





美吉野醸造
HANATOMOE 水もと×水もと 無濾過生原酒 直汲にごり 2019


HANATOMOE 水もと×水もと 無濾過生原酒 直汲みにごり|美吉野醸造  清酒造りの起源・・・・水もと(菩提もと)造り
 
”水もと”を使用して造る特別な”水もと”純米酒!

 この”水もと×水もと”は、酸の表現が生み出す新たな味わいの可能性を追求した、ちょっと特別な花巴となります。
 水もと純米酒を水もとの仕込み水の一部として使う貴醸酒の製造方法で醸造された水もととなります。
 水もと製法の持つ乳酸のニュアンスがギュッっと凝縮されたセクシーなお酒に仕上がっており、水もとに取り組む蔵だからこそできる、新たな味わいのチャレンジです。

 そんな”水もと×水もと”に澱をたっぷり残した生原酒が、この”直汲にごり”。


 香りにはヤクルトのような爽やかさに、少々野生的な雰囲気のある乳酸系のニュアンス。

 口当たりは柔らかさがあり、濃密な甘さを感じる飲み口に、爽やかでしっかりとした乳酸系の酸。
 ヤクルトやマミーを彷彿させる爽やかな甘さのある味わいに、水もと仕込みらしいワイルド感も少々。

 しっかりと甘さは感じられるものの、クリーミーでふくよかな旨みがあり、爽やかでしっかりとした酸が味わいを引き締めることで、嫌なクドさはなく、上質でジューシーな甘酸っぱさが広がり、リンゴのような果実感すら感じられる味わい。

 密度感のあるリッチな旨み・エキス感があり、水もと仕込みの個性をギュっと凝縮した味わいです。


 水もと(菩提もと)造りとは、室町時代に奈良県は菩提山正暦寺において創醸された醸造法です。製造工程で「生米」を使用することが特徴で、奈良県独自の地域特性ある濃醇な純米酒です。

原料米 酒母:吟のさと
麹:山田錦
掛:五百万石
精米歩合 70%
日本酒度 -42 酸度 5.2
アルコール度 18〜19 酵母 無添加
品 名  完売致しました 価格
HANATOMOE 水もと×水もと 無濾過生原酒 直汲にごり 2019 720ml \1,800 (外税)

品 名 価格
HANATOMOE 水もと×水もと 無濾過生原酒 直汲にごり 2019 180ml \3,600 (外税)

   





美吉野醸造
花巴 樽丸 水もと純米


花巴 樽丸 水もと純米|美吉野醸造  樽丸の”水もと”バージョン!

 「樽丸」とは、地元吉野にある吉野杉の樽を使用し、一定期間樽添えさせて造る樽酒です。

 吉野林業は樽の部材を造る樽丸林業とも云われ、密植といわれる方法で木の成長を遅くすることで、年輪が細かくなり漏れにくい木に仕上げています。
 さらに、土地と風土の影響から油分が少なく香りが穏やかな木に育つことからも、江戸時代の名醸地である灘地方から江戸方面に樽廻船で運ばれる際の最短で10日以上もの貯蔵期間を経ても酒質への影響が少なく、商品価値を下げない部材として重宝された歴史から今の吉野杉があります。

 通常の「樽丸」は、吉野杉の樽に酵母無添加の純米酒を約2週間樽貯蔵しますが、このお酒は、”水もと仕込”の純米酒を用いて樽貯蔵したバージョン。
 より花巴らしい個性が表現された樽酒となっています。


 香りには杉樽由来の杉の香り主体に、水もと由来の乳酸菌のニュアンスも感じられます。

 口当たりには円みや円やかさを感じますが、じわじわと追いかけてくるレモンやグレープフルーツ的な酸。
 しっかりとした酸と共に、鼻に抜ける杉の香りが樽酒らしさを演出します。

 花巴らしい酸の効いた、キリっとした印象はありつつも、甘やかでジューシーな旨みも感じられ、水もとらしさもしっかりと楽しめる味わいとなっています。

 暑い季節はロックで飲むのもオススメです。

原料米 吟のさと 精米歩合 70%
日本酒度 -4 酸度 4.0
アルコール度 17 酵母 無添加
品 名 価格
花巴 樽丸 水もと純米 720ml \1,800 (外税)

   





美吉野醸造
花巴 ナチュール×ナチュール 30BY


花巴 ナチュール×ナチュール|美吉野醸造  ”水もと”で仕込む”山廃”!
 飲み心地のよい甘みとコク!


 この”ナチュール×ナチュール”は、”水もと×水もと”同様に、貴醸酒仕込みを花巴流に表現した新たな世界観のお酒です。
 蔵にいる自然の酵母で醸した酵母無添加の山廃造り。
 その仕込みに、酵母無添加の水もと純米酒を贅沢に使用しています。


 香りには甘やかさがあり、カラメル感やトロピカル感。
 ヤクルトのような乳酸菌由来の要素も感じられます。

 口当たり柔らか。
 甘やかでリッチなエキス感を感じる飲み口で、コクのある旨みもしっかり。

 甘みはしっかりと感じられますが、甘みと共にしっかりとした酸が味わいを引き締めます。
 水もと的な甘酸っぱさにナチュラルな米の旨みが溶け込み、山廃らしい複雑味や奥行きも同在。

 それなりに度数があることで、密度感・ボディ感のある仕上がりとなっています。

 「水もと×水もと」に比べると乳酸的要素が穏やかで、デザートワインや貴醸酒的な雰囲気をより強く感じます。

原料米 吟のさと 精米歩合 70%
日本酒度 酸度
アルコール度 17 酵母 無添加
品 名  完売致しました 価格
花巴 ナチュール×ナチュール 30BY 720ml \1,800 (外税)

   


当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用をお断りします。
すべての内容は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。 引用・転載の際は必ずご連絡下さい。
Copyright(C)2005 nobori-sake.biz All Rights Reserved.