奈良の地酒屋 登酒店

油長酒造
鷹長 菩提もと 純米酒 無濾過生原酒 2020(2019BY)

鷹長 菩提もと 純米酒 無濾過生原酒|油長酒造  清酒造りの起源・・・・菩提もと造り

 菩提もと造りとは、室町時代に奈良県は菩提山正暦寺において創醸された醸造法です。
 製造工程で「生米」を使用することが特徴で、正暦寺寺領の米と水を用い、境内より分離した「正暦寺乳酸菌」「正暦寺酵母」の働きにより「もと」を造り、これに近代醸造法を融合させた奈良県独自の地域特性ある濃醇な純米酒です。

 米の旨みを存分に引き出し、リッチな甘さの中に酸がしっかりと活きており、深い味わいを造り出しています。


 香りは穏やか。
 麹由来の甘やかさや、トロピカル感のあるニュアンスも感じられます。

 口当たりには瑞々しさがあり、しっかりと甘みとコクを感じる飲み口に、ジューシーな酸を伴う旨みが広がります。

 ボリューム感はありつつも、甘みと酸のバランスが心地よく、甘酸っぱいうまみ楽しめる味わいで、嫌な重さがなく、飲み心地良い仕上がり。

 リッチなエキス感も感じられます。


※菩提もとにつきましては、醸造された年が記載されていますので、シールには2020年と表記されていますが、醸造年度は2019年となります。

原料米 ひのひかり 精米歩合 70%
日本酒度 -30 酸度 3.6
アルコール度 17度 酵母 正暦寺酵母
品 名  完売致しました 価格
鷹長 菩提もと 純米 無濾過生原酒 2020 720ml \1,500 (外税)

   





油長酒造
鷹長 菩提もと 純米酒 無濾過生原酒 2019(30BY)

鷹長 菩提もと 純米酒 無濾過生原酒|油長酒造  清酒造りの起源・・・・菩提もと造り

 菩提もと造りとは、室町時代に奈良県は菩提山正暦寺において創醸された醸造法です。
 製造工程で「生米」を使用することが特徴で、正暦寺寺領の米と水を用い、境内より分離した「正暦寺乳酸菌」「正暦寺酵母」の働きにより「もと」を造り、これに近代醸造法を融合させた奈良県独自の地域特性ある濃醇な純米酒です。

 米の旨みを存分に引き出し、リッチな甘さの中に酸がしっかりと活きており、深い味わいを造り出しています。


 香りは穏やか。
 麹由来の甘やかさや、トロピカル感のあるニュアンスも感じられます。

 口当たりには瑞々しさがあり、しっかりと甘みとコクを感じる飲み口に、ジューシーな酸を伴う旨みが広がります。

 ボリューム感はありつつも、甘みと酸のバランスが心地よく、甘酸っぱいうまみ楽しめる味わいで、嫌な重さがなく、飲み心地良い仕上がり。


※菩提もとにつきましては、醸造された年が記載されていますので、シールには2018年と表記されていますが、醸造年度は2017年(29BY)となります。

原料米 ひのひかり 精米歩合 70%
日本酒度 -29 酸度 3.2
アルコール度 17度 酵母 正暦寺酵母
品 名 価格
鷹長 菩提もと 純米 無濾過生原酒 2019 720ml \1,500 (外税)

   





油長酒造
鷹長 菩提もと 純米酒 無濾過生原酒 2018(29BY)

鷹長 菩提もと 純米酒 無濾過生原酒|油長酒造  清酒造りの起源・・・・菩提もと造り

 菩提もと造りとは、室町時代に奈良県は菩提山正暦寺において創醸された醸造法です。
 製造工程で「生米」を使用することが特徴で、正暦寺寺領の米と水を用い、境内より分離した「正暦寺乳酸菌」「正暦寺酵母」の働きにより「もと」を造り、これに近代醸造法を融合させた奈良県独自の地域特性ある濃醇な純米酒です。

 米の旨みを存分に引き出し、リッチな甘さの中に酸がしっかりと活きており、深い味わいを造り出しています。


 香りは穏やか。
 麹由来の甘やかさや、トロピカル感のあるニュアンスも感じられます。

 口当たりには瑞々しさがあり、しっかりと甘みとコクを感じる飲み口に、ジューシーな酸を伴う旨みが広がります。

 ボリューム感はありつつも、甘みと酸のバランスが心地よく、甘酸っぱいうまみ楽しめる味わいで、嫌な重さがなく、飲み心地良い仕上がり。


 熟成により、円みが増し、コクのある旨みや密度感をより感じられる味わいとなっています。


※菩提もとにつきましては、醸造された年が記載されていますので、シールには2018年と表記されていますが、醸造年度は2017年(29BY)となります。

原料米 ひのひかり 精米歩合 70%
日本酒度 -20 酸度 2.9
アルコール度 17度 酵母 正暦寺酵母
品 名 価格
鷹長 菩提もと 純米 無濾過生原酒 2018 720ml \1,500 (外税)

   


当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用をお断りします。
すべての内容は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。 引用・転載の際は必ずご連絡下さい。
Copyright(C)2005 nobori sake,LTD All Rights Reserved.