奈良の地酒屋 登酒店

油長酒造
風の森 秋津穂 657 真中採り 2020


風の森 純米真中採り 秋津穂|油長酒造  贅沢な限定酒!

 奈良県産の飯米である「秋津穂」を使用した、「風の森」のスタンダード商品です。
 使用している「秋津穂」は全量契約栽培によるものです。

 その中でもこの”真中採り”は、搾りの際に最初に垂れてくる"あらばしり"部分と"責め(せめ)"と呼ばれる後半部分を大幅にカットし、一番安定した部分だけを集めた贅沢な”超中採り”のお酒です。

 上槽したお酒を数本のタンクに採り分け、その中で最も良いと蔵元が判断したものが選別されています。


 爽やかでフレッシュなラムネのような香りと味わい。
 
 口当たりも瑞々しく、ジューシーな果実味的エキス感が広がります。

 雑味が少なく、透明感がありつつも、上質でリッチな旨みに綺麗な酸。
 軽快な要素とボリューム感を併せ持つ味わいです。

 採る部分を厳選するだけで、ここれほどのクオリティーに昇華するのか!?と唸ってしまいます。


 「657」
65%精米×7号酵母
原料米 奈良県産秋津穂 精米歩合 65%
日本酒度 酸度
アルコール度 16度 酵母 協会7号系
【風の森の表記が変更になりました】

お酒の優劣を意識させる大吟醸、吟醸という言葉を用いず
本当に自分好みのお酒を味覚から探していただけるようにとの想いから
風の森では、大吟醸、吟醸の表記の廃止し、全ての製品が”純米奈良酒”という表記になります。
 風の森は全てのお酒が無濾過無加水生酒/長期低温発酵のプロセスで醸造され
磨きにかかわらず、豊かな香りと立体感ある味わいをお楽しみ頂けます。

500年前、大寺院が現代の清酒造りの礎とも言える技術革新を確立した場所。奈良。
 この地は時に伝統格式を重んじ、物事の文化的側面を支え 、またその一方でその伝統を改変し
新たな伝統を作り上げるということにも長けた一面を備えた場所。
 室町時代、この地の先進流派により醸された酒は奈良酒(ならざけ)と呼ばれ珍重されました。
品 名  完売致しました 価格
風の森 秋津穂 657 真中採り 2020 720ml \1,300 (外税)

   





油長酒造
風の森 純米 真中採り 露葉風 29BY


風の森 純米真中採り 露葉風|油長酒造  贅沢な限定酒!

 搾りの際に最初に垂れてくる"あらばしり"部分と"責め(せめ)"と呼ばれる後半部分を大幅にカットし、一番安定した部分だけを集めた贅沢な”超中採り”のお酒です。

 上槽したお酒を数本のタンクに採り分け、その中で最も良いと蔵元が判断したものが選別されています。

 奈良県産の酒造好適米である「露葉風」を使用。
 八割磨きながら透明感のある味わいとなっています。


 香りには爽やかさがあり、ラムネのニュアンス。

 口当たりは瑞々しくフレッシュ。
 甘やかで透明感のあるジューシーさが広がります。

 上質な酸と密度感のあるリッチな旨み。
 余韻にかけては少々の複雑味も感じられます。

 程よくボディのあるサイダーのような味わいです。

原料米 奈良県産露葉風 精米歩合 80%
日本酒度 酸度
アルコール度 17度 酵母 協会7号系
品 名  完売致しました 価格
風の森 純米 真中採り 露葉風 30BY 720ml \1,400 (外税)

   





油長酒造
風の森 純米大吟醸 真中採り 露葉風 2019


風の森 純米大吟醸 真中採り 露葉風|油長酒造  贅沢な限定酒!

 搾りの際に最初に垂れてくる"あらばしり"部分と"責め(せめ)"と呼ばれる後半部分を大幅にカットし、一番安定した部分だけを集めた贅沢な”超中採り”のお酒です。

 上槽したお酒を数本のタンクに採り分け、その中で最も良いと蔵元が判断したものが選別されています。

 奈良県産の酒造好適米である「露葉風」を使用した純米大吟醸。
 上質な中にも複雑味を兼ね備えた味わいです。


 香りには爽やかさがあり、ラムネのニュアンス。

 口当たりは瑞々しくフレッシュ。
 軽やかなタッチに、甘やかで透明感のあるジューシーな白ブドウ的果実感が広がります。

 爽やかな飲み心地にリッチなエキス感。
 上品な味わいの中にも、露葉風らしいボディや複雑味を感じられます。

原料米 奈良県産露葉風 精米歩合 50%
日本酒度 酸度
アルコール度 16度 酵母 協会7号系
品 名  完売致しました 価格
風の森 純米大吟醸 真中採り 露葉風 2019 720ml \1,800 (外税)

   





油長酒造
風の森 愛山 807 真中採り 2019


風の森 純米真中採り 愛山|油長酒造  贅沢な限定酒!

 兵庫県産の”愛山”を80%まで磨いた「807」シリーズ。
 「807」シリーズは、お米を80%程までしか磨かず、大地のエネルギーをダイナミックに発酵に生かし、爽やかな香りと原料米由来の複雑味とその個性を最大化したシリーズとなっています。

 その中でもこの”真中採り”は、搾りの際に最初に垂れてくる"あらばしり"部分と"責め(せめ)"と呼ばれる後半部分を大幅にカットし、一番安定した部分だけを集めた贅沢な”超中採り”のお酒です。

 香りには爽やかさ。
 ラムネやマスカットのようなニュアンスも感じられます。

 口当たりは瑞々しくフレッシュ。

 ほんのり甘やかでリッチなジューシー感に、透明感のある洋ナシのような果実感が広がります。

 キラキラした中にも余韻にかけてボディ感が感じられます。


 「807」80%精米×7号酵母
原料米 愛山 精米歩合 80%
日本酒度 酸度
アルコール度 17度 酵母 協会7号系
【風の森の表記が変更になりました】

お酒の優劣を意識させる大吟醸、吟醸という言葉を用いず
本当に自分好みのお酒を味覚から探していただけるようにとの想いから
風の森では、大吟醸、吟醸の表記の廃止し、全ての製品が”純米奈良酒”という表記になります。
 風の森は全てのお酒が無濾過無加水生酒/長期低温発酵のプロセスで醸造され
磨きにかかわらず、豊かな香りと立体感ある味わいをお楽しみ頂けます。

500年前、大寺院が現代の清酒造りの礎とも言える技術革新を確立した場所。奈良。
 この地は時に伝統格式を重んじ、物事の文化的側面を支え 、またその一方でその伝統を改変し
新たな伝統を作り上げるということにも長けた一面を備えた場所。
 室町時代、この地の先進流派により醸された酒は奈良酒(ならざけ)と呼ばれ珍重されました。
品 名  完売致しました 価格
風の森 愛山 807 真中採り 2019 720ml \1,600 (外税)

   





油長酒造
風の森 純米大吟醸 真中採り 愛山 30BY


風の森 純米大吟醸 真中採り 愛山|油長酒造  ハンパない果実感!

 搾りの際に最初に垂れてくる"あらばしり"部分と"責め(せめ)"と呼ばれる後半部分を大幅にカットし、一番安定した部分だけを集めた贅沢な”超中採り”のお酒です。

 兵庫県産の特A愛山を使用した純米大吟醸。
 30BYにチャレンジ酒として取り組まれたお酒で、非常に限定色の高いお酒の”真中採り”となります。

 香りには爽やかさがあり、ラムネ的なニュアンス。

 口当たりにはフレッシュな発泡感。

 しっかりと甘みを感じるジューシーな飲み口で、通常タイプよりも磨きがかかった透明感。

 ピオーネなど高級葡萄を想わせる果実味たっぷりな味わいで、中採りらしいリッチさや上質感も楽しめます。

原料米 愛山 精米歩合 50%
日本酒度 酸度
アルコール度 16度 酵母 協会7号系
品 名  完売致しました 価格
風の森 純米大吟醸 真中採り 愛山 30BY 720ml \2,200 (外税)

   





油長酒造
風の森 純米吟醸 真中採り 雄町 30BY


風の森 純米吟醸 真中採り 雄町|油長酒造  贅沢な限定酒!

 搾りの際に最初に垂れてくる"あらばしり"部分と"責め(せめ)"と呼ばれる後半部分を大幅にカットし、一番安定した部分だけを集めた贅沢な”超中採り”のお酒です。


 香りには爽やかさがあり、ラムネ的なニュアンスも感じられます。

 口当たりは瑞々しくフレッシュ。

 しっかりとしたガス感があり、開栓すぐの飲み口にはシャープな印象ですが、じわじわと甘やかでジューシーな旨みとなっていきます。

 透明感と共に青リンゴのような果実感も感じられ、ガス感が抜けてくると、甘みのあるフルーティーでリッチな味わいとなっていきます。

原料米 雄町 精米歩合 80%
日本酒度 酸度
アルコール度 16度 酵母 協会7号系
品 名  完売致しました 価格
風の森 純米吟醸 真中採り 雄町 30BY 720ml \1,700 (外税)

   





油長酒造
風の森 雄町 807 真中採り 2019


風の森 純米真中採り 雄町|油長酒造  贅沢な限定酒!

 岡山県産の”雄町”を80%まで磨いた「807」シリーズ。
 「807」シリーズは、お米を80%程までしか磨かず、大地のエネルギーをダイナミックに発酵に生かし、爽やかな香りと原料米由来の複雑味とその個性を最大化したシリーズとなっています。

 その中でもこの”真中採り”は、搾りの際に最初に垂れてくる"あらばしり"部分と"責め(せめ)"と呼ばれる後半部分を大幅にカットし、一番安定した部分だけを集めた贅沢な”超中採り”のお酒です。


 香りには爽やかさがあり、ラムネ的なニュアンスも感じられます。

 口当たりは瑞々しくフレッシュ。

 透明感のある甘やかでリッチな旨みに、ジューシーさのあるライチのような果実感。

 余韻にかけて心地よいボリューム感があり、サイダーのような雰囲気も感じられます。


 「807」
80%精米×7号酵母

原料米 雄町 精米歩合 80%
日本酒度 酸度
アルコール度 17度 酵母 協会7号系
【風の森の表記が変更になりました】

お酒の優劣を意識させる大吟醸、吟醸という言葉を用いず
本当に自分好みのお酒を味覚から探していただけるようにとの想いから
風の森では、大吟醸、吟醸の表記の廃止し、全ての製品が”純米奈良酒”という表記になります。
 風の森は全てのお酒が無濾過無加水生酒/長期低温発酵のプロセスで醸造され
磨きにかかわらず、豊かな香りと立体感ある味わいをお楽しみ頂けます。

500年前、大寺院が現代の清酒造りの礎とも言える技術革新を確立した場所。奈良。
 この地は時に伝統格式を重んじ、物事の文化的側面を支え 、またその一方でその伝統を改変し
新たな伝統を作り上げるということにも長けた一面を備えた場所。
 室町時代、この地の先進流派により醸された酒は奈良酒(ならざけ)と呼ばれ珍重されました。
品 名  完売致しました 価格
風の森 雄町 807 真中採り 2019 720ml \1,450 (外税)

   





油長酒造
風の森 雄町 407 真中採り 2019


風の森 雄町 407 真中採り|油長酒造  1度限りのチャレンジ!

 この「CHALLENGE EDITION」というカテゴリーは、油長酒造の醸造スタッフが造ってみたい酒を設計し、実際に醸造し、製品化するという試みです。

 今回挑戦されたスペックは、雄町の40%精米。
 10年以上前に使われていた、懐かしの「雄町 純米大吟醸」のラベルカラーリングを使用しています。

 その中でもこの”真中採り”は、搾りの際に最初に垂れてくる"あらばしり"部分と"責め(せめ)"と呼ばれる後半部分を大幅にカットし、一番安定した部分だけを集めた贅沢な”超中採り”のお酒です。


 香りには爽やかさがあり、ラムネやマスカットようなニュアンスも感じられます。

 口当たりは瑞々しく、フレッシュ。
 通常バージョンよりもボリューム感を感じる飲み口に、透明感のあるジューシーな旨み。

 ラ・フランスやライチのような果実感を感じさせる味わいで、余韻にかけて上質な甘みや密度感のある旨みが楽しめます。


【醸造担当より】
 今回、私たちが取り組ませていただきました原料米は「雄町40%精米」です。
 これまで弊社では雄町は80%精米や60%精米で醸造してまいりました。
 風の森が造る雄町米を使ったお酒はどれも豊かな膨らみ、甘みを感じさせ、酸味とのバランスを意識して醸造してまいりました。
 今年雄町60は廃盤となり、今後の定番は雄町807 だけになってしまいますが、その雄町を40%精米にし、更に雄町らしい甘みや酸味といった特徴を表現できるのだろうかと考え、この原料米を選びました。
 醸されたお酒は、赤いイチゴの様なニュアンス、ふわっとした優しい口当たり、その綺麗さの中にも穏やかな酸が心地良く、イチゴと白ぶどうのミックスジュースのような香りを楽しめる華やかな酒質になりました。
 1度限りのチャレンジですが、皆様に喜んでいただけますと幸いです。

 「407」
40%精米×7号酵母

原料米 雄町 精米歩合 40%
日本酒度 --- 酸度 ---
アルコール度 16度 酵母 協会7号系
【風の森の表記が変更になりました】

お酒の優劣を意識させる大吟醸、吟醸という言葉を用いず
本当に自分好みのお酒を味覚から探していただけるようにとの想いから
風の森では、大吟醸、吟醸の表記の廃止し、全ての製品が”純米奈良酒”という表記になります。
 風の森は全てのお酒が無濾過無加水生酒/長期低温発酵のプロセスで醸造され
磨きにかかわらず、豊かな香りと立体感ある味わいをお楽しみ頂けます。

500年前、大寺院が現代の清酒造りの礎とも言える技術革新を確立した場所。奈良。
 この地は時に伝統格式を重んじ、物事の文化的側面を支え 、またその一方でその伝統を改変し
新たな伝統を作り上げるということにも長けた一面を備えた場所。
 室町時代、この地の先進流派により醸された酒は奈良酒(ならざけ)と呼ばれ珍重されました。
品 名  完売致しました 価格
風の森 雄町 407 真中採り 2019 720ml \2,200 (外税)

   





油長酒造
風の森 山田錦 807 真中採り 2019


風の森 純米真中採り 山田錦|油長酒造  贅沢な限定酒!

 兵庫県産の”山田錦”を80%まで磨いた「807」シリーズ。
 「807」シリーズは、お米を80%程までしか磨かず、大地のエネルギーをダイナミックに発酵に生かし、爽やかな香りと原料米由来の複雑味とその個性を最大化したシリーズとなっています。

 その中でもこの”真中採り”は、搾りの際に最初に垂れてくる"あらばしり"部分と"責め(せめ)"と呼ばれる後半部分を大幅にカットし、一番安定した部分だけを集めた贅沢な”超中採り”のお酒です。


 香りには爽やかさ。
 ラムネ的なニュアンスも感じられます。

 口当たりは瑞々しく、フレッシュ感。
 甘やかでジューシーな果実感に、透明感のあるリッチなエキス感。

 余韻にかけてじわじわと広がるふくよかな旨み。
 ボディ感、しっかりした酸はありつつも、爽やかで飲み心地良い味わいです。

 透明感と共にしっかりとした酸を伴うボディ感。
 80%精米らしい、少々の複雑味も感じられます。


 「807」80%精米×7号酵母

原料米 山田錦 精米歩合 80%
日本酒度 酸度
アルコール度 17度 酵母 協会7号系
【風の森の表記が変更になりました】

お酒の優劣を意識させる大吟醸、吟醸という言葉を用いず
本当に自分好みのお酒を味覚から探していただけるようにとの想いから
風の森では、大吟醸、吟醸の表記の廃止し、全ての製品が”純米奈良酒”という表記になります。
 風の森は全てのお酒が無濾過無加水生酒/長期低温発酵のプロセスで醸造され
磨きにかかわらず、豊かな香りと立体感ある味わいをお楽しみ頂けます。

500年前、大寺院が現代の清酒造りの礎とも言える技術革新を確立した場所。奈良。
 この地は時に伝統格式を重んじ、物事の文化的側面を支え 、またその一方でその伝統を改変し
新たな伝統を作り上げるということにも長けた一面を備えた場所。
 室町時代、この地の先進流派により醸された酒は奈良酒(ならざけ)と呼ばれ珍重されました。
品 名  完売致しました 価格
風の森 山田錦 807 真中採り 2019 720ml \1,450 (外税)

   



当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用をお断りします。
すべての内容は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。 引用・転載の際は必ずご連絡下さい。
Copyright(C)2005 nobori sake,LTD All Rights Reserved.