奈良の地酒屋 登酒店
奈良の地酒
各地の地酒
各地の焼酎
各種リキュール
ワイン
ビール
調味料/食品
店舗案内
蔵見学/酒の会
豆知識
四代目日記
油長酒造の新たな挑戦!

大和蒸留所

奈良県御所市1160番地


大和蒸留所|橘花 KIKKA GIN


 油長酒造が新たな取組みとして、築150年の小民家をリノベーションし、ジンに特化した蒸留所を設立。
 250年以上前の街並みが残る「御所まち」の景観に溶け込むように存在する蒸留所。
 その中に一歩足を踏み入れると、古い日本家屋に近代的な蒸留器が存在する独特の雰囲気を楽しめる場所となっています。

 かつてオランダで熱病の薬である薬用酒として誕生したジン。
 古来より漢方伝来の地、生薬の宝庫として知られ、薬草の栽培やその利用に長い歴史を持つ奈良県。

 奈良県は古の都「大和」であり、シルクロードの終着点として大陸から様々な技術や文化、知識を取り入れて日本の礎を築きました。
 薬作りもその1つで、医薬品製造と配置売薬は大和の地場産業として発展してきました。

 大和蒸留所は、この歴史ある「大和」の地で育まれた「ボタニカル」から、その香りやエッセンスを最大限引出し、クラフトジン「橘花 KIKKA GIN」を作り出しました。

 かつてのシルクロードの終着点から日本全国そして世界へと大和のジンを広げていきたい想いです。





大和蒸留所
橘花 KIKKA GIN 59°


橘花 KIKKA GIN|大和蒸留所  奈良のボタニカルを使用!

 油長酒造が新たな取組みとして、築150年の小民家をリノベーションし、ジンに特化した蒸留所を設立。
 歴史ある「大和」の地で育まれた「ボタニカル」から、その香りやエッセンスを最大限引出し、クラフトジン「橘花 KIKKA GIN」を作り出しました。

 奈良に古くから伝わるボタニカル「大和橘(やまとたちばな)」と「大和当帰(やまととうき)」。
 この2つのボタニカルとジンの核である「ジュニパーベリー」を使用し、独自の配合・蒸留技術で3つのボタニカルの個性を余すことなく抽出し、少ない種類ながら、華やかで深みのある香りを楽しめるジンに仕上げました。

 アルコール度数を高めに仕上げることで、様々なアルコール度数で開く香りの花を感じることができます。

 ゆっくりとロックで香りを楽しむもよし、トニックウォーターで割って爽やかに楽しむもよしです。


【ボタニカル】
大和橘
非時香菓(ときじくのかぐのこのみ)すなわち「永遠に眠っている果実」として2000年前から存在する日本固有の柑橘。
歴史的には垂仁天皇が田道間守に命じて、不老長寿の妙薬として橘の実を大和に持ち込んだと言われています。
大和当帰
特異な甘い芳香が特徴のセリ科の植物。
その歴史は古く、大和当帰の根は日本書記にも記載され、生薬として使用されていましたが、2012年に葉の部分が「非薬」扱いになり、その葉の深い緑色や特徴のある個性的な香りを和」ハーブとして使用可能になりました。


 いくつかのBatchにて蒸留を重ねることで、スタンダードな「KIKKA GIN」の味の軸ができあがりました。
 それにより、スタンダードタイプはステンレスボトルではなく、ガラス瓶での販売となりました。
 今後、スタンダードタイプとは別に、数量限定ジンをリリースの際にのみステンレスボトルでの販売となります。

アルコール度 59度
品 名 価格
KIKKA GIN 59° 700ml \5,000 (外税)

   





大和蒸留所
橘花 KIKKA GIN 邂逅 45°




 KIKKA GIN のスペシャルエディション!

 油長酒造が新たな取組みとして、築150年の小民家をリノベーションし、ジンに特化した蒸留所を設立。
 歴史ある「大和」の地で育まれた「ボタニカル」から、その香りやエッセンスを最大限引出し、クラフトジン「橘花 KIKKA GIN」を作り出しました。

 従来の「KIKKA GIN」は、奈良に古くから伝わるボタニカル「大和橘(やまとたちばな)」と「大和当帰(やまととうき)」この2つのボタニカルとジンの核である「ジュニパーベリー」を使用し、独自の配合・蒸留技術で3つのボタニカルの個性を余すことなく抽出し、少ない種類ながら、華やかで深みのある香りを楽しめるジンに仕上げていますが、今回リリースされた「邂逅(かいこう)」は、その従来のボタニカルに加え、新たに「キハダの実」と「カヤの実」を使用した限定版となっています。

 通常の「KIKKA GIN」とは配合比率を変え、大和当帰の割合を増やした蒸留液と、キハダの実、カヤの実を単体で蒸溜した蒸留液の3つをブレンドして作られています。
 アルコール度数は45%と通常より低く抑え、味、香りが良いバランスになるよう仕上げてます。
 キハダ、カヤ共に奈良県宇陀郡曽爾村産を使用しています。

 香りには通常の「KIKKA GIN」同様の柑橘系の爽やかさがあり、加えてスパイシーな要素も感じられます。
 味わいにはミカンやオレンジのような果実感があり、ジューシーさや清涼感のある仕上がりとなっています。

 限定1880本のリリースです。


【ボタニカル】
大和橘
非時香菓(ときじくのかぐのこのみ)すなわち「永遠に眠っている果実」として2000年前から存在する日本固有の柑橘。
歴史的には垂仁天皇が田道間守に命じて、不老長寿の妙薬として橘の実を大和に持ち込んだと言われています。
大和当帰
特異な甘い芳香が特徴のセリ科の植物。
その歴史は古く、大和当帰の根は日本書記にも記載され、生薬として使用されていましたが、2012年に葉の部分が「非薬」扱いになり、その葉の深い緑色や特徴のある個性的な香りを和」ハーブとして使用可能になりました。
黄肌
ミカン科の落葉高木で、和名のキハダは樹木の内皮が鮮やかな黄色であることから、「黄色い肌」に由来する。
別名は黄檗(オウバク)と呼び、生薬として用いられます。
主に整腸剤の材料として、奈良県では古くから胃腸薬の陀羅尼助の材料になっています。
今回はキハダの実を使用しています。
実は熟れたオレンジの様な清涼感と鼻腔をくすぐるスパイシーな香りが特徴。
果肉の甘みは強く、種は苦味と渋みが多い。
その実を丸ごと浸漬し、じっくり味と香りを抽出した柑橘様の香りを楽しめます。

イチイ科カヤ属の常緑針葉樹。
名前の由来は榧の枝や葉を燻すと防虫効果があり、蚊を追い払うので蚊遣り(かやり)と呼ばれる。
榧の種子は縄文時代より食用として重宝し、榧の実を搾った油は食用油や、頭髪用油などに重宝されてきました。
相撲の土俵の中に神様への供物として勝栗、昆布、洗米、スルメ、塩、と一緒にカヤの実も鎮め物として埋めてあります。
今回はカヤの実の一般的に食される種子ではなく、その周りの果肉部分を使用。
果肉の部分は精油を取り、香水などに使用される等、香りの良い植物です。その果肉を浸漬し、南国を想わせる瑞々しいフレッシュな香りを抽出しています。

アルコール度 45度
品 名  完売致しました 価格
KIKKA GIN 邂逅 45° 500ml \5,000 (外税)

   




当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用をお断りします。
すべての内容は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。 引用・転載の際は必ずご連絡下さい。
Copyright(C)2005 nobori sake,LTD All Rights Reserved