奈良の地酒屋 登酒店
奈良の地酒
各地の地酒
各地の焼酎
各種リキュール
ワイン
ビール
調味料/食品
店舗案内
蔵見学/酒の会
豆知識
四代目日記
シモン・ビュッセー
Simon Busser
産地らしさを表現するエレガントな凝縮感♪




オーナーであるシモン・ビュセーの父親は、既にビオロジック栽培をしていましたが、
醸造設備を持たなかったため、収穫したぶどうは協同組合に販売していました。
父が所有し賃貸するぶどう畑の内、一番古い樹齢(1970年)の一部3haのぶどう畑を引き継いで
2007年よりワイン造りを開始した新しい蔵元です。

父から譲り受けたぶどう畑は当然ビオロジック栽培。
現在では5haに拡大し、一部でビオディナミも実践し、2007年に「エコセール」の認証を取得しました。

「産地らしさ」その典型性をワインに表現するには、毎年異なる気候の違いに応じて最高のぶどうを育てること。
ぶどうが最後まで熟成する力があるかどうか。そういう点も含めて収穫のタイミングがワイン作りにおいて一番重要だと考えています。
収穫の際には、喜び、または歓喜に包まれた雰囲気でぶどうを収穫できると、そのエネルギーがワインの味に影響すると思っています。
これは言い換えると労を惜しまず仕事をするということであり、心をこめてぶどう作りをすることにつながります。
当然、醸造所での仕事も同じライン上にあります。
シモンさんの気持ちが皆に伝わるせいか、週末にあわせた3〜4日間の収穫には、家族や友人、その家族が集まって
50人前後の人が手伝ってくれる。バックラベルには、感謝を込めて収穫者の名前を入れています。

蔵の中での仕事は、できるだけ人為的な介入をしないよう、またポンプを使わないように心がけます。
酵母は天然酵母を使い、SO2はできるだけ控えたワイン作りをおこなっています。








Polichinel 2016
シモン・ビュッセー ポリチネル 2016   ビオロジック

 濃厚ながらフレッシュな果実味♪

 シモン・ビュッセーは、父が所有し賃貸するぶどう畑の内、一番古い樹齢(1970年)の一部3haのぶどう畑を引き継いで2007年よりワイン造りを開始した新しい蔵元です。
 
蔵の中での仕事は、できるだけ人為的な介入をしないよう、またポンプを使わないように心がけます。
 酵母は天然酵母を使い、SO2はできるだけ控えたワイン作りをおこなっています。

 このポリチネルはシモンのワインのなかで一番カジュアルな赤ワイン。

 小石の多い粘土石灰質土壌の樹齢約60年の3つの区画のマルベック。
 開放タンクでピジャージュやルモンタージュを行いながら15日間のマセラシオン。
 その後1年間コンクリートタンクで熟成。


 若干紫がかった中程度の赤色。
 新鮮な赤系果実主体に黒系果実のドライフルーツが混ざりあうような香りが感じられます。

 溌剌としたチャーミングな果実味と、キュッと締まった赤い果実を想わせる心地よい酸が甘酸っぱさを感じさせ、口当たりの良いアタックです。

 果実由来の甘みと酸のバランスが良く、香りにも感じられたドライフルーツのような凝縮した果実味から、黒糖やカカオを想わせる風味が引き出され、元気な果実感に複雑さを与え、葡萄の果皮を噛んだようなタンニンがやや残ります。

 溌剌とした馴染みやすいアタックの印象だけでなく、アフターは地に足のついた雰囲気を感じさせる仕上がりです。


 ラベルの「ポリチネル」とはイタリアの喜劇の道化師のことで、2008年に初めてSO2無しのワインを作って官能検査に出した所、合格しなかったためそれを揶揄して名づけ、絵をさかさまに使用しました。  
     
原産国 フランス 地方 カオール
品種 マルベック100%
タイプ ミディアムボディ 容量 750ml
アルコール度数 12.5% 飲み頃温度帯 14〜16℃
土壌 粘土石灰質 AOC ヴァン・ド・フランス

品 名 価格
ポリチネル 2016 ¥2,272 (外税)





Originel 2016
シモン・ビュッセー オリジネル 2016   
ビオロジック

 重いけど重くない?凝縮感♪

 シモン・ビュッセーは、父が所有し賃貸するぶどう畑の内、一番古い樹齢(1970年)の一部3haのぶどう畑を引き継いで2007年よりワイン造りを開始した新しい蔵元です。
 
蔵の中での仕事は、できるだけ人為的な介入をしないよう、またポンプを使わないように心がけます。
 酵母は天然酵母を使い、SO2はできるだけ控えたワイン作りをおこなっています。

 このオリジネルは、シモンがワイン作りを開始したぶどう畑で、「本源」という気持ちをこめて名付けた赤ワインです。

 樹齢約30年。
 セメントタンクで発酵の後、古樽で澱引きをせず熟成。
 清澄やろ過をせずにビン詰めし、SO2の添加は一切なしです。

 深いルビー色。
 ブルーベリージャムやレーズン、ドライプルーンなどに酸のある赤い果実の香りが混ざり、それに加え樽由来のバニラやタバコの甘い香りが仄かに感じられます。

 色素が濃いためしっかりとしたワインを想像しますが、重厚な印象ではなく、控え目な甘さで、果実味に輪郭を与えるような伸びやかな酸が飲み心地を軽やかにしています。

 グレナデンやブラックベリーなどのエキス感の詰まったベリーソースとカカオが混ざりあったような風味が弾けるように広がり、細かなタンニンが僅かに残ります。

 若々しい果実味にバニラの風味が加わることで、穏やかさでまろやかな印象が加わり、重心は低く落ち着いた味わいを感じさせます。
 樽で熟成させることで緻密な果実味に繊細な質感や骨格、味わいに深みを与えています。

 今後の熟成でより繊細さや軽さが加わり上品な様子が引き出されていくことでしょう。

     
原産国 フランス 地方 カオール
品種 マルベック70%
メルロ30%
タイプ フルボディ 容量 750ml
アルコール度数 13.5% 飲み頃温度帯 14〜16℃
土壌 粘土質 AOC ヴァン・ド・フランス

品 名 価格
オリジネル 2016 ¥2,657 (外税)





Pur Cot 2015
シモン・ビュッセー ピュール・コ 2015   
ビオロジック

 エレガントな濃密感♪

 シモン・ビュッセーは、父が所有し賃貸するぶどう畑の内、一番古い樹齢(1970年)の一部3haのぶどう畑を引き継いで2007年よりワイン造りを開始した新しい蔵元です。
 
蔵の中での仕事は、できるだけ人為的な介入をしないよう、またポンプを使わないように心がけます。
 酵母は天然酵母を使い、SO2はできるだけ控えたワイン作りをおこなっています。

 このピュール・コは、生まれ育ったこの土地に育つ樹齢の古いコーの区画を、大好きな馬で耕す場面を挿絵にした愛着のあるデザインの赤ワインです。

 石灰質土壌の樹齢60年と砂質土壌の樹齢25年の違う2つの区画の葡萄を50%ずつアッサンブラージュ。
 開放タンクでピジャージュはやや多めにし、ルモンタージュも行いながら1ヶ月のマセラシオン。
 その後18ヶ月600Lの樽で熟成。

 深紅の色合い。
 甘い香りではありませんが、ブルーベリーやカシスなどを煮詰めたような凝縮感のある果実香に、たばこや醤油、ドライプルーンなどの香りが混ざり複雑さを感じさせます。

 2015年は暑い年でしたので、特にカオールのマルベックというと濃厚でパワフルなイメージを抱きがちですが、決してそのような仕上がりではありません。

 葡萄のエキスの緻密さや風味、味わいはきっちりと残しながら、洗練された綺麗な酸が全体のバランスを整え、冷涼感を感じさせるスタイルです。

 少し温度を高めにして頂くと、より果実味が増し柔らかい味わいをお楽しみ頂けます。

     
原産国 フランス 地方 カオール
品種 マルベック100%
タイプ ミディアム 容量 750ml
アルコール度数 14% 飲み頃温度帯 14〜16℃
土壌 石灰質・砂質 AOC ヴァン・ド・フランス

品 名 価格
ピュール・コ 2015 ¥2,828 (外税)





Printemps 2015
シモン・ビュッセー プランタン 2015   ビオロジック

 軽やかながらジワジワ旨い果実味♪

 シモン・ビュッセーは、父が所有し賃貸するぶどう畑の内、一番古い樹齢(1970年)の一部3haのぶどう畑を引き継いで2007年よりワイン造りを開始した新しい蔵元です。
 
蔵の中での仕事は、できるだけ人為的な介入をしないよう、またポンプを使わないように心がけます。
 酵母は天然酵母を使い、SO2はできるだけ控えたワイン作りをおこなっています。

 このプランタンに使用した葡萄は、父親がお気に入りの区画で、土の色からイメージしてこの名前を付けました。

 鮮やかな赤紫色で、色合いからはしっかりとした印象を受けますが、香りからは若々しく軽快さが感じられます。

カシスやブルーベリーの黒系果実の香りにザクロなど甘酸っぱい軽快さを感じさせる赤い果実のニュアンス。
 そして白胡椒などの爽やかなスパイスが薫ります。

 カオールのイメージは黒くしっかりと凝縮したパワフルさを想像させますが、プランタン(春)と名付けてあるように、軽さを感じさせる口当たりです。
 それでいながら、しっかりと葡萄のエキスは抽出されており、ジューシーな果実味が広がり、舌には仄かな甘さが続きます。

 しっかりとした酸や、飲み込む頃にややドライに感じる細かなタンニンが、広がる果実味をほどよく整え締りを良くしてくれています。

 黒く色づいた皮のイメージありながら、軽い抽出でスムーズな飲み心地の良さを楽しめ、時間の経過と共にマルベック由来のしっかりとした果実の風味が増すことで充実した味わいも楽しむことが出来ます。


 Printemps=春 という意味で、エチケットの手形は、シモンの愛娘のものです。
     
原産国 フランス 地方 カオール
品種 マルベック100%
タイプ ミディアムボディ 容量 750ml
アルコール度数 12.7% 飲み頃温度帯 8〜14℃
土壌 粘土石灰質 AOC ヴァン・ド・フランス

品 名  完売致しました 価格
プランタン 2015 ¥1,928 (外税)





Sauvage 2011
シモン・ビュッセー ソヴァージュ 2011   ビオロジック

 シャープなタンニンとしなやかな果実味♪

 シモン・ビュッセーは、父が所有し賃貸するぶどう畑の内、一番古い樹齢(1970年)の一部3haのぶどう畑を引き継いで2007年よりワイン造りを開始した新しい蔵元です。
 
蔵の中での仕事は、できるだけ人為的な介入をしないよう、またポンプを使わないように心がけます。
 酵母は天然酵母を使い、SO2はできるだけ控えたワイン作りをおこなっています。

 このソヴァージュは、上品な味わいの中に野性的な性質を引き出せたワインで、区画名は「重い土」です。

 香りは穏やかで、ほのかにハーブやカシスのようなニュアンス。

 口当たりにはシャープなタンニンがあり、凝縮感のある果実味も感じられます。

 スパイシーなニュアンス、アタックにはややボディー感はありますが、余韻にはそれほどの重さはなく、しなやかさのあるアフター。

 インパクトの強さと綺麗な余韻や繊細さのバランスに優れた味わいです。
 
     
原産国 フランス 地方 カオール
品種 マルベック100%
タイプ ミディアムボディ 容量 750ml
アルコール度数 13% 飲み頃温度帯 12〜16℃
土壌 粘土質 AOC ヴァン・ド・フランス

品 名  完売致しました 価格
ソヴァージュ 2011 ¥2,072 (外税)





merlot 2011
シモン・ビュッセー メルロー 2011   ビオロジック

 カオールらしさを感じるメルロー♪

 シモン・ビュッセーは、父が所有し賃貸するぶどう畑の内、一番古い樹齢(1970年)の一部3haのぶどう畑を引き継いで2007年よりワイン造りを開始した新しい蔵元です。
 
蔵の中での仕事は、できるだけ人為的な介入をしないよう、またポンプを使わないように心がけます。
 酵母は天然酵母を使い、SO2はできるだけ控えたワイン作りをおこなっています。

 一般的に粘土質の土壌とメルローの相性はとても良いらしく、この年は特にブドウの品質が高かったため100%メルローのワインを造ることに決めた。
 今でも美味しく飲めますが長期熟成に耐えうるワインです。

 色調は紫がかった濃い目の色調。

 香りにはブラックベリーやカシス、ほのかにスパイスのニュアンス。

 口当たりには円やかさがあり、柔らかながらも凝縮感のある果実味。

 じわじわとキメの細かいタンニンが感じられ、上品な酸味とのバランスも良い。

 濃厚でありながらもエレガントさを兼ね備えた味わいです。

     
原産国 フランス 地方 カオール
品種 メルロー100%
タイプ ミディアムボディ 容量 750ml
アルコール度数 13% 飲み頃温度帯 12〜16℃
土壌 粘土石灰質 AOC ヴァン・ド・フランス

品 名  完売致しました 価格
メルロー 2011 ¥2,358 (外税)





Tannat 2014
シモン・ビュッセー タナ 2014   
ビオロジック

 軽やかさのあるタナ♪

 シモン・ビュッセーは、父が所有し賃貸するぶどう畑の内、一番古い樹齢(1970年)の一部3haのぶどう畑を引き継いで2007年よりワイン造りを開始した新しい蔵元です。
 
蔵の中での仕事は、できるだけ人為的な介入をしないよう、またポンプを使わないように心がけます。
 酵母は天然酵母を使い、SO2はできるだけ控えたワイン作りをおこなっています。

 このワインは、タナを使用した赤ワイン。

 色調は鮮やかな中程度の赤紫色。
 カシスやブルーベリー、グレナデンなど凝縮した果実の香りで、やや落ち着きのある印象を受けます。

 タナと言うと、色合いは濃くタニックでフルボディのワインを想像しがちですが、このワインはタナの印象を覆すような軽さやシャープな酸、繊細なタンニンを持つミディアムな仕上がりです。

 風味は香りと同じように凝縮した果実味を感じられますが、甘さは控えめでややドライに感じらる飲み口。
 キリッとした芯のある酸が中心となり、すっと喉へと流れていきます。

 追いかけるように果実味が広がり、口中に長く留まり余韻へと続きます。
 また、果実味に加え土のような大地を想わせる風味などが混ざり複雑さや充実感、緻密なタンニンが僅かに残ることで、骨格を感じさせます。
 キレ味も良く、ナチュラル感とタニックさがうまく共存した味わい。

 開いてくると若々しい果実味にドライプルーンやカカオのような風味が感じられ、複雑さが増し、より落ち着いた味わいへと変化していきます。

     
原産国 フランス 地方 カオール
品種 タナ100%
タイプ ミディアム 容量 750ml
アルコール度数 12.5% 飲み頃温度帯 12〜16℃
AOC ヴァン・ド・フランス

品 名 価格
タナ 2014 ¥2,386 (外税)





Chaos 2017
シモン・ビュッセー カオ 2017   
ビオロジック

 瑞々しく滑らかな飲み心地♪

 シモン・ビュッセーは、父が所有し賃貸するぶどう畑の内、一番古い樹齢(1970年)の一部3haのぶどう畑を引き継いで2007年よりワイン造りを開始した新しい蔵元です。
 
蔵の中での仕事は、できるだけ人為的な介入をしないよう、またポンプを使わないように心がけます。
 酵母は天然酵母を使い、SO2はできるだけ控えたワイン作りをおこなっています。

 このワインは、マルベック、メルロー、ガメイを使用した赤ワイン。

 若々しい紫がかった真紅の色合い。
 ブルーベリーやカシスなどの凝縮した黒系果実主体に、葉付きの苺やフランボワーズなど赤い果実の引き締まった果実香が混ざります。

 色合いや香りは濃くしっかりとしたイメージを抱かせますが、瑞々しく軽やかな口当たりで、控えめな甘さとジューシーな果実味、それに似た溌剌とした酸がバランス良く感じられます。

 エキスは緻密でざらつきがなく滑らかに流れ、何一つ負担のない飲み心地。 黒葡萄の果皮を噛んだ時のようなタンニンは僅かに舌に当たる程度で、アフターには凝縮した果実味に加え、仄かに生姜のようなスパイシーさと紅茶を想わせる芳香が残ります。

 時間の経過でカシスリキュールなどの充実した果実味に心地よいハーブの爽やかさ、ジャスミンの茶葉の香りが加わり、更に表情を豊かにし、抑揚や華やかさを与えています。

 チャーミングで人懐っこい印象で気取らずに楽しめますが、ジュース的ではなくワインとしての表情がしっかりと感じられる、ミディアムフルの仕上がりです。

     
原産国 フランス 地方 カオール
品種 マルベック80%
メルロー10% ガメイ10%
タイプ ミディアム 容量 750ml
アルコール度数 12.5% 飲み頃温度帯 12〜16℃
AOC ヴァン・ド・フランス

品 名 価格
カオ 2017 ¥2,514 (外税)





Si Rose 2016
シモン・ビュッセー シ・ロゼ 2016   ビオロジック

 フレッシュでジューシーなロゼ♪

 シモン・ビュッセーは、父が所有し賃貸するぶどう畑の内、一番古い樹齢(1970年)の一部3haのぶどう畑を引き継いで2007年よりワイン造りを開始した新しい蔵元です。
 
蔵の中での仕事は、できるだけ人為的な介入をしないよう、またポンプを使わないように心がけます。
 酵母は天然酵母を使い、SO2はできるだけ控えたワイン作りをおこなっています。

 このロゼは、ペタンク(フランスではポピュラーな球遊び)をしながら飲めるロゼを造りたいということで商品化されたワインです。

 ロゼというよりは、苺ゼリーのような軽い赤といった色合い。
 姫リンゴやクランベリー、サクランボのコンポートやグレナデンのような赤い果実主体の香りが感じられます。

 ロゼとしてはしっかりとした味わいの造りですが、フルーティーで馴染み易い味わい。

 りんごをかじった様な果実由来の酸が、ジューシーな果実味と相性良く広がり、ややしっかりとしたボディーの厚みを軽やかな口当たりに感じさせてくれます。

 アフターに皮付きの赤いリンゴのような果実香と、それに似たタンニンを僅かに感じます。

 ゆるゆると気軽に楽しんで頂けるようなスタイルのワインです。

     
原産国 フランス 地方 カオール
ロゼ 品種 マルベック、メルロー、タナ
タイプ ミディアムボディ 容量 750ml
アルコール度数 13% 飲み頃温度帯 6〜12℃
土壌 粘土質・砂質 AOC ヴァン・ド・フランス

品 名  完売致しました 価格
シ・ロゼ 2016 ¥1,886 (外税)



当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用をお断りします。
すべての内容は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。 引用・転載の際は必ずご連絡下さい。
Copyright(C)2005 nobori-sake.biz All Rights Reserved.