奈良の地酒屋 登酒店

辻本店
御前酒 菩提もと にごり生原酒 2019


御前酒 菩提もと にごり生原酒|辻本店 御前酒 菩提もと にごり生原酒|辻本店

 雄町にこだわった菩提もと!


 室町時代に奈良県の菩提山正暦寺で開発されたとされる「菩提もと」仕込み。
 昭和60年に故原田巧杜氏が全国に先駆けて復活させて以来、改良を重ね、辻本店の蔵の環境に適した独自製法として確立しました。

 このお酒は、その菩提もと仕込みのお酒の無濾過生原酒を”うすにごり”の状態で瓶詰めしたものになります。

 使用米はもちろん、辻本店がこだわる雄町米。

 この2019BYでは更なる麹造りの見直しを図り、【”うすにごり”でありながら纏う透明感。】この相反する二つの要素を感じていただけるのがポイントとなっています。


 香りは比較的穏やか。
 ほのかに爽やかさや乳酸的なニュアンスも感じられます。

 口当たりは円やかで甘やか。
 澱がらみのふくよかさはありつつも、軽やかさのあるソフトな味わい。

 菩提もとらしい乳酸的な甘酸っぱさから、余韻にかけて穀物感のある複雑味も少々。

 飲み口の飲みやすさと余韻の複雑味が共存する仕上がりです。


 ラベルは、地元岡山県真庭市で版画寺として有名な、曹洞宗「毎来寺」岩垣正道住職の作です。

原料米 雄町 精米歩合 65%
日本酒度 酸度
アルコール度 17度 酵母
品 名  完売致しました 価格
御前酒 菩提もと にごり生原酒 2019 720ml \1,350 (外税)

品 名  完売致しました 価格
御前酒 菩提もと にごり生原酒 2019 1800ml \2,700 (外税)

   





辻本店
御前酒 菩提もと にごり生原酒 2020


御前酒 菩提もと にごり生原酒|辻本店 御前酒 菩提もと にごり生原酒|辻本店

 雄町にこだわった菩提もと!


 室町時代に奈良県の菩提山正暦寺で開発されたとされる「菩提もと」仕込み。
 昭和60年に故原田巧杜氏が全国に先駆けて復活させて以来、改良を重ね、辻本店の蔵の環境に適した独自製法として確立しました。

 このお酒は、その菩提もと仕込みのお酒の無濾過生原酒を”うすにごり”の状態で瓶詰めしたものになります。

 使用米はもちろん、辻本店がこだわる雄町米。

 この2019BYから更なる麹造りの見直しを図り、【”うすにごり”でありながら纏う透明感。】この相反する二つの要素を感じていただけるのがポイントとなっています。


 香りは比較的穏やか。
 ほのかに爽やかさや乳酸的なニュアンスも感じられます。

 口当たりには瑞々しさがあり、やや酸味を伴うアタック。
 菩提もとらしい甘やかさと共に、穀物感のある複雑味も少々。
 ミルキーさを伴うヨーグルト感も楽しめます。

 余韻にかけてじわじわとボディ感も感じられますが、菩提もととしてはややスマートで飲み心地よさのある味わいです。


 ラベルは、地元岡山県真庭市で版画寺として有名な、曹洞宗「毎来寺」岩垣正道住職の作です。

原料米 雄町 精米歩合 65%
日本酒度 酸度
アルコール度 17度 酵母
品 名  完売致しました 価格
御前酒 菩提もと にごり生原酒 2020 720ml \1,350 (外税)

品 名 価格
御前酒 菩提もと にごり生原酒 2020 1800ml \2,700 (外税)

   





辻本店
御前酒 菩提もと にごり酒 火入れ 29BY


御前酒 菩提もと にごり酒 火入れ|辻本店  雄町にこだわった菩提もと!

 室町時代に奈良県の菩提山正暦寺で開発されたとされる「菩提もと」仕込み。
 昭和60年に故原田巧杜氏が全国に先駆けて復活させて以来、改良を重ね、辻本店の蔵の環境に適した独自製法として確立しました。

 このお酒は、その菩提もと仕込みのお酒を”うすにごり”の状態で火入れしたものになります。

 使用米はもちろん、辻本店がこだわる雄町米。

 香りは比較的穏やか。
 爽やかな要素に乳酸的なニュアンスも少々感じられます。

 口当たりは柔らかで、軽快さを感じるタッチ。
 甘やかでふくよかな旨み、ジューシーな甘酸っぱさが広がります。

 余韻にかけて、若干の苦みや渋み、穀物的な雰囲気もありますが、嫌味ない程度で、今後の熟成を期待させます。

 生よりも少々爽やかに感じる味わいです。


 ラベルは、地元岡山県真庭市で版画寺として有名な、曹洞宗「毎来寺」岩垣正道住職の作です。

原料米 雄町 精米歩合 65%
日本酒度 -4 酸度 2.1
アルコール度 17度 酵母
品 名  完売致しました 価格
御前酒 菩提もと にごり酒 火入れ 29BY 720ml \1,286 (外税)

品 名 価格
御前酒 菩提もと にごり酒 火入れ 29BY 1800ml \2,572 (外税)

   





辻本店
御前酒 にごり酒 活性生酒 2020


御前酒 にごり酒 活性生酒|辻本店 御前酒 にごり酒 活性生酒|辻本店

 爽やかな活性にごり!

 蔵のある地元・岡山で主に流通している、普通酒の”活性にごり酒”。
 使用米には雄町の等外米を使用することで、価格以上の味わいを楽しめます。

 どぶろくのような”もろみ”そのままの濃厚さ、炭酸ガスのぴちぴちとした口あたりのこのお酒は、地元で長年愛されている季節の風物詩です。


 香りは比較的穏やか。
 麹由来の栗香や乳酸系のニュアンスも感じられます。

 口当たりにはピチピチとしたフレッシュ感。

 トロっとした口当たりに、ほんのり甘やかなクリーミー感。
 ミルキーで爽やかな甘酸っぱさにコクのある旨みが楽しめる味わいです。

 飲み口には爽やかなスッキリ感がありますが、余韻にかけて普通酒らしいボリューム感も楽しめます。

 冷酒はもちろん、お燗でも楽しめます。


 このお酒は瓶内で醗酵が続いています。
 キャップは醗酵ガスが抜ける穴空き栓となっていますが、開栓の際は十分にご注意ください。
 瓶詰めしてから時間の経過で活性感は少しずつ弱くなっていきます。
 ご購入のタイミングによっては活性感が少ない(感じない)場合もございますので、予めご了承くださいませ。

原料米 雄町 精米歩合 70%
日本酒度 -14(瓶詰時) 酸度 1.6(瓶詰時)
アルコール度 18度(瓶詰時) 酵母 協会701
品 名  完売致しました 価格
御前酒 にごり酒 活性生酒 2020 720ml \924 (外税)

品 名  完売致しました 価格
御前酒 にごり酒 活性生酒 2020 1800ml \1,848 (外税)

   





辻本店
御前酒 デーモンラベル 純米酒


御前酒 デーモンラベル 純米酒|辻本店  熟成による円やかな旨み!

 雄町の本場・岡山の蔵元だからこそ出せる「これぞ雄町!」という円やかな味わいやふくよかさを感じて頂けるお酒が、このデーモンラベル。
 純米原酒を約2年間の低温貯蔵することで、滑らかさが増し、ふくらみも出てきています。

 香りは非常に穏やか。
 ほのかに麹由来のニュアンスも感じられます。

 口当たりは円みがあり、柔らか。
 やや軽やかさを感じる飲み口に、ほんのり甘みを感じるふくよかな旨みが広がります。

 ジューシーな酸も感じられる味わいで、ラベルのイメージとは違いソフトな円熟感が楽しめます。

 ぬる燗ではまろやかに、熱燗ではシャープな切れ味に。
 冷酒でもまた違った表情を見せてくれます。
 温度帯によるバラエティ豊富な味わいの変化も雄町の魅力のひとつですね。

 ラベルは地元・勝山の伝説「鬼の穴」をモチーフにしています。

原料米 雄町 精米歩合 65%
日本酒度 酸度
アルコール度 16度 酵母 KA1-01
協会1401
品 名  完売致しました 価格
御前酒 デーモンラベル 純米酒 720ml \1,200 (外税)

品 名  完売致しました 価格
御前酒 デーモンラベル 純米酒 1800ml \2,400 (外税)

   





辻本店
御前酒 純米大吟醸 特等雄町 2.2 2019




原料米 雄町 精米歩合 40%
日本酒度 酸度
アルコール度 16度 酵母 自社ブレンド

 最高峰の雄町を目指して!

 平成30年に史上初めて産出された「特上雄町」に 、オール岡山で再び挑む『御前酒 特上雄町プロジェクト』。
 1年目の挑戦であり出発点となる令和元年のヴィンテージが、この「御前酒 特等雄町 2.2 」です。

 雄町の栽培から収穫、酒造りと醗酵のプロセスに至るまで、酒米生産者と酒蔵の持てる技術と経験のすべてで「最良の選択 」をしました。
 至極の酒からは、その年のマスターピース(最高傑作)というべき品格を感じていただけるはずです。


 「瀬戸町雄町部会」を擁する岡山市東区旧赤磐郡瀬戸町のなかでも特級田と呼ぶに相応しい塩納(しおの)地区。
 父子2代に亘り雄町栽培を手掛けてきた岡本岩男氏の圃場で1年目のプロジェクトが始まりました。
 目標とする「特上」という等級だけでなく、これまでの「雄町を超える雄町」を求めるため 、玄米選別のふるい目には新たに2.2mm(従来の雄町は2.1mm)を採用しました。
 しかし収穫期目前での降雨が影響したのか、等級検査での格付けはまさかの「特等」。
 改めて自然を相手にする難しさと雄町に対する敬服の念を抱き、2年目への決意とプロジェクトの継続を誓いました。
 それでも1年目のプロジェクトによって収穫された玉のように美しい2.2mmの大粒の雄町は、令和元年産雄町のなかでも無二の品質であることは間違いありません。
 ワンランク上の特等雄町での酒造りは、未だかつて経験したことのない素晴らしさでした。

 この特等の雄町を使用し、御前酒らしさを出す為に選択したのが「菩提もと造り」。
 40%まで精米した雄町を”菩提もと仕込み”で醸造する純米大吟醸。
 ここにも御前酒の意地やプライドが垣間見られ、ただの大吟醸ではない挑戦的な付加価値が感じられます。


 酒と木には、深い繋がりがあります。
一説には、鉋(かんな)の登場によって木材加工技術が飛躍的に向上したことで、木桶のような酒造りに使用される木製の道具が作られるようになったとされています。
 この度の『御前酒 特上雄町プロジェクト』による最高峰が身に纏う素材にも、木を選びました。
 製作は真庭市で「木工房もものたね」を構える元井 哲也・真由美 ご夫妻に依頼。
 銘を「総檜八角酒筒」とした木筒は、真庭産最高級柱材ヒノキを贅沢に使い 、縁起の良い八角柱に削り出しています。


 今回、「特上雄町」とはいかなかったものの、地元のプロフェッショナルが手を組み、御前酒らしさを盛り込んだ、まさにマスターピース(最高傑作)なお酒が出来上がりました。


 香りは比較的穏やか。
 温度が上がってくるとメロンのような吟香が広がります。

 口当たりは柔らかさがあり、非常に滑らかなタッチ。
 上質で繊細さのある飲み口ながらも、甘みや酸があり、雄町らしいコクや旨みも楽しめる味わい。

 上品さのある純米大吟醸ながら、菩提もとで仕込んだことによる独特なエキス感や旨み、スケール感のある仕上がりです。

品 名 価格
御前酒 純米大吟醸 特等雄町 2.2 720ml \30,000 (外税)

   


当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用をお断りします。
すべての内容は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。 引用・転載の際は必ずご連絡下さい。
Copyright(C)2005 nobori-sake.biz All Rights Reserved.