奈良の地酒屋 登酒店
COLTRADA
コルトラーダ
ブドウに向き合うワイン造り!





岡山県新見市にて保坂夫妻が営むワイナリー。
イタリアを旅したことがきっかけで始まったワイン造り。
ワインブドウの栽培や醸造の研修を受けながら、2013年にワインブドウ園を開墾。

委託醸造にて、2015年からワインをリリース。
2021年に念願の自社醸造所を設立しました。
2017年産ブドウからは、ブドウ以外のものを一切加えない、ブドウのみのワイン造りをしています。

必要最低限の農薬のみ使い、除草剤は不使用。
土壌のポテンシャルを引き出す方法を探求しつつ、ブドウと向き合っています。

ワインブドウ園の近隣の耕作放棄地で、かつてこの地で作られていたという、麦と小豆の栽培もしています。





コルトラーダ
COLTRADA Blanc.1 2020


 トロピカル感とふくよかさ♪

 岡山県新見市にて保坂夫妻が営むワイナリー。
 イタリアを旅したことがきっかけで始まったワイン造り。
 ワインブドウの栽培や醸造の研修を受けながら、2013年にワインブドウ園を開墾。
 委託醸造を経て、2021年に念願の醸造所を設立!
 ナチュラルな栽培と醸造を心がけたワイン造りを行っています。

 この「Blanc.1」は、ソーヴィニヨンブラン主体の白ワイン。

 9月の雨の影響で裂果が多く、収穫前に摘粒などを行いましたが、痛みも多く収穫翌日の10月7日にプレスを行なっています。
 補助品種のシュナンブラン、サンセミヨンはその1週間ほど前に収穫してマセラシオン・カルボニックの処理を行いました。
 タンクで自発的なアルコール発酵を終えたのち、そのまま9 ヶ月ほど熟成して2021年の8月に瓶詰めしました。


 色調は、やや褐色がかったレモンイエロー。
 グラスに注ぐと蜂蜜、杏の香りがたちのぼります。

 パイナップル、ライチなどの熱帯果樹の果実味主体の味わい。
 アルコールが比較的高く、しっかりしたふくらみが感じられ、まろやかな酸味がフィニッシュを飾ります。


原産国 日本 地方 岡山県新見市
品種 ソービニョン・ブラン主体
シュナンブラン、サンセミヨン
タイプ 辛口 容量 750ml
アルコール度数 14% 飲み頃温度帯 10〜16℃
品 名  完売致しました 価格
COLTRADA Blanc.1 2020 ¥3,200 (外税)





コルトラーダ
COLTRADA Rouge.1 2020


 軽やかで滑らか♪

 岡山県新見市にて保坂夫妻が営むワイナリー。
 イタリアを旅したことがきっかけで始まったワイン造り。
 ワインブドウの栽培や醸造の研修を受けながら、2013年にワインブドウ園を開墾。
 委託醸造を経て、2021年に念願の醸造所を設立!
 ナチュラルな栽培と醸造を心がけたワイン造りを行っています。

 この「Rouge.1」は、メルロ主体の赤ワイン。

 樹齢7、8年のメルロを主体として仕込み、ステンレスタンクにて熟成。
 2020年は6、7月と9月に降雨が多く、病気の管理・収穫日の設定に心を砕きました。
 9月の降雨の影響でなかなかブドウが熟さなかったのですが、10月6日まで待って収穫しています。
 2週間ほどカルボニック・マセラシオンにて処理したのち、自発的な発酵期間中、数日の抽出を行ってプレスしました。
 半年ほどタンクで熟成させた後、2021年の5月に瓶詰めを行っています。


 色調は、深いルビー色。

 ブラックベリー 、カシスのような黒い果実を主体とした味わい。
 軽やかなアルコールのミディアムボディ。

 すっきりした酸が後味として残り、タンニンは微弱でほとんど感じられないため、なめらかな口当たりとなっています。


原産国 日本 地方 岡山県新見市
品種 メルロ主体
カベルネ・ソーヴィニヨン
カベルネ・フラン
タイプ ミディアム 容量 750ml
アルコール度数 10.5% 飲み頃温度帯 10〜14℃
品 名  完売致しました 価格
COLTRADA Rouge.1 2020 ¥3,200 (外税)





コルトラーダ
COLTRADA Rouge.1 2019


 軽やかでチャーミング♪

 岡山県新見市にて保坂夫妻が営むワイナリー。
 イタリアを旅したことがきっかけで始まったワイン造り。
 ワインブドウの栽培や醸造の研修を受けながら、2013年にワインブドウ園を開墾。
 委託醸造を経て、2021年に念願の醸造所を設立!
 ナチュラルな栽培と醸造を心がけたワイン造りを行っています。

 この「Rouge.1」は、メルロ主体の赤ワイン。

 2019年は春から夏にかけて、霜が降りた以外は好天に恵まれ、順調に生育しました。
 ただ、夏が猛暑であり、収穫前に何度か台風が来たためブドウの樹が非常に弱り、秋になっても残暑が続いたため色づきが悪く、満足のいくブドウは得られませんでした。
 そのような状況の中ですが、10月中旬までという過去最長の待ちを行った上で収穫しています。

 1週間の浸漬、数日の発酵を経て樽にて熟成しています。
 1年弱の熟成を経て、2020年9月に瓶詰めしました。


 色調は、やや薄めの赤紫色。
 香りには華やかさ。
 スミレやベリーなど赤果実系のニュアンスが感じられます。

 口当たりは瑞々しく、軽やか。
 フレッシュでチャーミングな果実感に、爽やかな酸。
 ラズベリーのような甘酸っぱさを感じるナチュラルな味わい。

 飲み心地よく、スルスルと飲み進められます。


原産国 日本 地方 岡山県新見市
品種 メルロ主体
カベルネ・ソーヴィニヨン
カベルネ・フラン
タイプ ややライト 容量 750ml
アルコール度数 11% 飲み頃温度帯 8〜12℃
品 名  完売致しました 価格
COLTRADA Rouge.1 2019 ¥2,819 (外税)





コルトラーダ
COLTRADA Rouge.2 2018

 ナチュラルでエレガント♪

 この年の7月、ブドウ園に大雨が降ったものの何とか持ち堪え、その後の高温・晴天続きの天気に恵まれ、収穫時には良く熟したブドウ(メルロ100%)を摘むことが出来ました。

 収穫後、タンクに漬け込み、ブドウについた野生酵母で発酵。
 発酵後は、樽でで12ヶ月ほど熟成したのち、月の動きをみながら瓶詰めを行っています。

 醸造はラ・グランド・コリーヌ ジャポンの大岡弘武さん。
 フランスでの20年のキャリアに基づき、畑のブドウの魅力を存分に発揮したワインとなっています。


 色調はやや濃いめの紫色。
 香りは植物の茎のような青っぽさや、ほんのりスモーキーさも感じられます。

 口当たりには瑞々しさがあり、比較的軽やかなタッチ。
 フレッシュさのあるナチュラルな果実味で、渋味の要素は少なく、じんわりとアクセント程度にタンニンを感じるくらい。

 重たさは感じないものの、チャーミングな酸味、スパイシーさがバランスを取り、しっかりとした骨格を作っているようなイメージです。

 飲み心地よく、エレガントさや上質感のある味わいです。

     
原産国 日本 地方 岡山県新見市
品種 メルロ100%
タイプ ミディアム 容量 750ml
アルコール度数 12.5% 飲み頃温度帯 12〜16℃

品 名  完売致しました 価格
COLTRADA Rouge.2 2018 ¥3,600 (外税)





コルトラーダ
COLTRADA Rouge.3 2017


 滑らかでエレガント♪

 岡山県新見市にて保坂夫妻が営むワイナリー。
 イタリアを旅したことがきっかけで始まったワイン造り。
 ワインブドウの栽培や醸造の研修を受けながら、2013年にワインブドウ園を開墾。
 委託醸造を経て、2021年に念願の醸造所を設立!
 ナチュラルな栽培と醸造を心がけたワイン造りを行っています。

 この「Rouge.3」は、メルロ100%の赤ワイン。

 自園メルロー畑には、小房・小粒の果実をつける樹の区画(当時樹齢4年)があります。
 2017年は収穫時の台風が多く決して恵まれた年ではありませんでしたが、粘りに粘り、その区画を中心に完全に熟したブドウを選り摘みしました。

 収穫後、全房のままタンクに漬け込み、ブドウについた野生酵母で発酵しています。
 2〜3週間ほどの発酵期間を経て、樽にて2年半ほど熟成させ、2020年の4月に瓶詰しました。


 色調は、やや濃いめの赤紫色。
 香りにはカシスやプルーンのニュアンスが感じられます。

 口当たりには瑞々しさがあり、円やか。
 柔らかで滑らかさのある飲み口み、少々のスパイシーさを伴う果実感。

 品の良いこなれたタンニンに、エレガントな飲み心地。
 軽やかな飲み心地ながら、葡萄の質の良さを感じさせる、奥行きやスケール感のある味わいです。


原産国 日本 地方 岡山県新見市
品種 メルロ100%
タイプ ミディアム 容量 750ml
アルコール度数 12% 飲み頃温度帯 10〜16℃
品 名 価格
COLTRADA Rouge.3 2017 ¥6,182 (外税)





コルトラーダ
Le pionnier petillant 2021


 新見市の名産品とのコラボ♪

 岡山県新見市にて保坂夫妻が営むワイナリー。
 イタリアを旅したことがきっかけで始まったワイン造り。
 ワインブドウの栽培や醸造の研修を受けながら、2013年にワインブドウ園を開墾。
 委託醸造を経て、2021年に念願の醸造所を設立!
 ナチュラルな栽培と醸造を心がけたワイン造りを行っています。

 この「Le pionnier petillant」は、ピオーネを使用したロゼ・ペティヤン。

 コルトラーダがワイナリーを構える岡山県新見市の特産品の一つにピオーネという生食用ブドウ品種があります。
 ピオーネは岡山県を代表する黒ブドウですが、昨今の温暖化の影響もあってか色づきが悪くなる産地もあるなか、新見市はその
標高を生かし、糖度が高く色づきの良いブドウを産出し続けています。

 これからこの土地でワインを造っていく者としてピオーネの新しい魅力を掘り起こすことは出来ないだろうか。
 そのような動機から、新見産ピオーネを原料とした微発泡ワインを醸造しました。

 新見産のピオーネをステンレスタンクにて2週間ほどマセラシオン・カルボニックで処理したのち、垂直式プレスにて圧搾。
 自発的なアルコール発酵の後、全ての糖がアルコールになる前に瓶詰めを行いました。
 残った糖が瓶内2次発酵して微発泡を生成しています。

 コルトラーダはドメーヌタイプのワイナリーでありますが、新設醸造所で醸造した初出荷のワインは地場名産品とのコラボ企画となりました。


 明るいルビー色の色調。
 グラスに広がる白い花の香り。

 果実味主体の味わいで、イチゴやラズベリーのニュアンス。
 しっかりした酸とかすかなタンニン、微発泡が後味を形づくり、食欲を増進させます。

 ピオーネの畑に慣れ親しんだ方であれば、開花時期のピオーネ園の匂いや生のピオーネの味を想起されるかもしれません。


原産国 日本 地方 岡山県新見市
ロゼ・泡 品種 ピオーネ100%
タイプ 辛口 容量 750ml
アルコール度数 7.0% 飲み頃温度帯 6〜10℃
品 名  完売致しました 価格
Le pionnier petillant 2021 ¥2,364 (外税)





当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用をお断りします。
すべての内容は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。 引用・転載の際は必ずご連絡下さい。
Copyright(C)2005 nobori-sake.biz All Rights Reserved.