奈良の地酒屋 登酒店
奈良の地酒
各地の地酒
各地の焼酎
本場の泡盛
各種リキュール
ワイン
ビール
調味料/食品
店舗案内
蔵見学/酒の会
豆知識
四代目日記

WAKAZE
ORBIA SOL
(オルビア ソル)


OLBIA SOL|WAKAZE  インパクトのある酸!

 日本酒の素晴らしさや、その可能性を日本のみならず世界に伝え広めたい!という想いを持って、洋食ともペアリング可能な日本酒を開発。
 オリーブオイルなどの油脂分を多分に使い、味付けもどちらかと言えば強くてボリューム感がある洋食に釣り合うような重さや密度の濃さ、いわゆる”ボディの強さ”、そして香りも楽しめることも必要です。

 ORBIAは、「 十分なボディの強さ」 と 「食中に楽しめる香り」 をテーマとし、 「酸・甘の個性」 × 「オーク樽熟成」 を活かした、洋食とペアリングできる全く新しい日本酒です。

 ラテン語で太陽を意味するSOL(ソル)。
 その酒質は通常の10倍の酸の強さでありながら、樽熟成が円味と落ち着きを与えて、赤ワイン樽由来のフルーティ且つ複雑な香りと味わいが特徴のお酒を想定しています。

 協会7号酵母と黄麹を使用し、高温山廃一段仕込みにて仕込まれたお酒を赤ワイン用のオーク樽にて熟成させています。


 香りには麹由来の甘やかさに加え、バニラのような樽由来のニュアンスも感じられます。

 口当たりにはインパクトのある、しっかりとした酸味。
 レモネードを連想させるようなレモンやグレープフルーツなど柑橘系の要素に、ピールのようなほろ苦さ。

 ボディのある旨みがあることで、酸だけが浮くことなく、ある程度のバランスを取っていますが、単体で飲むよりも肉料理などしっかりとした味付けの料理に合わせることをオススメします。

 たとえば、バルサミコソースを使ったポークソテーなど、油脂分や味の濃さが特徴の料理などと相性が良いです。


原料米 総の舞 精米歩合 65%
日本酒度 -36 酸度 9.6
アルコール度 14〜15度 酵母 協会7号酵母
品 名 価格
ORBIA SOL 500ml \2,860 (外税)

   





WAKAZE
ORBIA LUNA
(オルビア ルナ)


OLBIA LUNA|WAKAZE  上質な甘みと酸!

 日本酒の素晴らしさや、その可能性を日本のみならず世界に伝え広めたい!という想いを持って、洋食ともペアリング可能な日本酒を開発。
 オリーブオイルなどの油脂分を多分に使い、味付けもどちらかと言えば強くてボリューム感がある洋食に釣り合うような重さや密度の濃さ、いわゆる”ボディの強さ”、そして香りも楽しめることも必要です。

 ORBIAは、「 十分なボディの強さ」 と 「食中に楽しめる香り」 をテーマとし、 「酸・甘の個性」 × 「オーク樽熟成」 を活かした、洋食とペアリングできる全く新しい日本酒です。

 ラテン語で月を意味するLUNA(ルナ)。
 その酒質は通常よりもかなり甘く、クエン酸との甘酸のバランスが特徴で、白ワイン樽由来のハチミツやバニラなどの甘い香りと相まって綺麗な香りと甘みの余韻が続きます。

 協会7号酵母と黄麹・白麹を使用し、貴醸酒仕込みにて仕込まれたお酒を白ワイン用のオーク樽にて熟成させています。


 香りは比較的穏やか。
 甘やかなトロピカル感やキャラメルのような雰囲気も感じられます。

 口当たりには円みがあり、しっかりとした甘さを感じる濃醇なエキス感。

 貴醸酒由来のリッチな甘さに、控えめな樽のニュアンス。
 上質な酸が効いた、デザートワイン的な味わいです。

 洋食ではフォアグラや、焦がしバター系のソースを使った料理と好相性で、ワインでは難しい合わせ方も、その甘みで実現できるイメージです。

原料米 酒の華・雪化粧 精米歩合 麹:55% 掛:60%
日本酒度 -36 酸度 3.4
アルコール度 15〜16度 酵母 協会7号酵母
品 名 価格
ORBIA LUNA 500ml \2,600 (外税)

   





WAKAZE
ORBIA GAIA
(オルビア ガイア)


OLBIA GAIA|WAKAZE  果実感のあるジューシーな甘さ!

 日本酒の素晴らしさや、その可能性を日本のみならず世界に伝え広めたい!という想いを持って、洋食ともペアリング可能な日本酒を開発。
 オリーブオイルなどの油脂分を多分に使い、味付けもどちらかと言えば強くてボリューム感がある洋食に釣り合うような重さや密度の濃さ、いわゆる”ボディの強さ”、そして香りも楽しめることも必要です。

 ORBIAは、「 十分なボディの強さ」 と 「食中に楽しめる香り」 をテーマとし、 「酸・甘の個性」 × 「オーク樽熟成」 を活かした、洋食とペアリングできる全く新しい日本酒です。

 このお酒は、生もと造りならではの旨味を変則三段仕込みによりさらに濃厚に仕上げました。
 リンゴを思わせる爽やかな酸味と甘みのバランスの良さは「地球 (GAIA)」の恵みが凝縮された味わい。
 そこにワイン樽熟成の芳醇な香りも合わさった贅沢な日本酒です。


 香りは比較的穏やか。
 甘やかな芳醇さ、トロピカル感も感じられます。

 口当たりには密度感のあるリッチなエキス感。
 甘やかなコクと旨み、爽やかな酸が効いていて、果実感のあるジューシーな味わいとなっています。

 それほど強くは感じませんが、控えめなタルのニュアンスが全体をまとめ、ふくよかで奥行きのある仕上がりにしています。

 フルーツソースを使った肉料理や温前菜など、旨味の凝縮された濃い味わいのお料理と相性が良いです。

原料米 酒の華・出羽の里 精米歩合 麹:60% 掛:55%
日本酒度 -23 酸度 3.1
アルコール度 15〜16度 酵母 協会7号酵母
品 名 価格
ORBIA GAIA 500ml \2,860 (外税)

   





WAKAZE
FONIA TERRA
(フォニア テラ)


FONIA TERRA|WAKAZE  甘やかでスパイシー!

 より多様なペアリングの可能性を広げるため、WAKAZEは新たな挑戦として ボタニカルSAKE「FONIA(フォニア)」を開発しました。
 「FONIA」は柚子や檸檬、山椒、生姜といった和の柑橘やハーブを日本酒造りに取り入れた 革新的なお酒です。
 その名前の由来は、ラテン語で”調和”を意味する「sinfonia(シンフォニア)」という言葉の後ろをとった造語。
 その名の通り、後から原料を添加するリキュールとは違い、それぞれに薫りが持つ個性が酒と見事に調和した、全く新しいSAKEに仕上がっています。

 大きな特徴として、和の柑橘やハーブをただ混ぜたのではなく、日本酒の ”発酵中に入れる” ことで米由来のお酒の味わいや香りとの素晴らしい調和が生まれました。


 このお酒は、和のスパイス、ハーブと力強い「水もと一段仕込み」のお酒が調和した、「大地(TERRA)」をイメージしたお酒です。
 山椒や生姜に由来するスパイシーでハーバルな香り・味わい、そして柚子のほのかな香りが特徴です。


 香りには甘やかなトロピカル感。
 爽やかな生姜や柚子のニュアンスも感じられます。

 口当たりには円みがあり、甘やかでコクのあるエキス感に、しっかりとした酸が追いついてきます。

 じわじわとボリュームのある旨みが広がり、スパイシーさのある甘酸っぱさにほろ苦さがアクセントとなっています。

 ラムチョップの香草焼など、肉料理のメインディッシュとのペアリングが楽しめます。


※伝統的な日本酒の製法の中でボタニカル原料を使用しておりますが、酒税法上は「その他の醸造酒」という括りのお酒となります。

原料米 自然栽培 亀の尾 精米歩合 90%
副原料 山椒・柚子・生姜
日本酒度 -48 酸度 3.7
アルコール度 14度 酵母 協会6号酵母
品 名 価格
FONIA TERRA 500ml \3,000 (外税)

   





WAKAZE
FONIA SORRA
(フォニア ソラ)


FONIA SORRA|WAKAZE  爽やかなハーブ感!

 より多様なペアリングの可能性を広げるため、WAKAZEは新たな挑戦として ボタニカルSAKE「FONIA(フォニア)」を開発しました。
 「FONIA」は柚子や檸檬、山椒、生姜といった和の柑橘やハーブを日本酒造りに取り入れた 革新的なお酒です。
 その名前の由来は、ラテン語で”調和”を意味する「sinfonia(シンフォニア)」という言葉の後ろをとった造語。
 その名の通り、後から原料を添加するリキュールとは違い、それぞれに薫りが持つ個性が酒と見事に調和した、全く新しいSAKEに仕上がっています。

 大きな特徴として、和の柑橘やハーブをただ混ぜたのではなく、日本酒の ”発酵中に入れる” ことで米由来のお酒の味わいや香りとの素晴らしい調和が生まれました。

 このお酒は、和の柑橘やハーブの爽やかな香りと、 スッキリとした酸味が調和した、文字通り「天空(SORRA)」をイメージしたお酒です。
 柚子や檸檬の皮に由来するフレッシュな柑橘感、そこに山椒を加えて醸し出すハーバル感が特徴です。
 仕込みは黄麹と白麹を使用し、通常の速醸もとの三段仕込です。


 香りには爽やかさ。
 柑橘系の雰囲気が香るレモネードのようなニュアンスが感じられます。

 口当たりには軽快さがありますが、しっかりとした酸を伴うリッチなエキス感が広がります。

 比較的スッキリとした甘酸っぱさで、副原料の主張も強すぎず、控えめに感じる柚子やハーブが上品さを演出。

 鼻に抜ける香りは非常にフローラルです。

 アペリティフとしても、白身魚のカルパッチョのような前菜とのペアリングしても楽しめます。


※伝統的な日本酒の製法の中でボタニカル原料を使用しておりますが、酒税法上は「その他の醸造酒」という括りのお酒となります。

原料米 出羽燦々 精米歩合 60%
副原料 山椒・柚子・レモン
日本酒度 -7 酸度 4.2
アルコール度 13〜14度 酵母 協会6号酵母
品 名 価格
FONIA SORRA 500ml \2,600 (外税)

   





WAKAZE
FONIA SORRA Sparkling
(フォニア ソラ スパークリング)


FONIA SORRA Sparkling|WAKAZE  限定生産のスパークリング!

 より多様なペアリングの可能性を広げるため、WAKAZEは新たな挑戦として ボタニカルSAKE「FONIA(フォニア)」を開発しました。
 「FONIA」は柚子や檸檬、山椒、生姜といった和の柑橘やハーブを日本酒造りに取り入れた 革新的なお酒です。
 その名前の由来は、ラテン語で”調和”を意味する「sinfonia(シンフォニア)」という言葉の後ろをとった造語。
 その名の通り、後から原料を添加するリキュールとは違い、それぞれに薫りが持つ個性が酒と見事に調和した、全く新しいSAKEに仕上がっています。

 大きな特徴として、和の柑橘やハーブをただ混ぜたのではなく、日本酒の ”発酵中に入れる” ことで米由来のお酒の味わいや香りとの素晴らしい調和が生まれました。


 このお酒は、「SORRA」のスパークリングバージョン。
 スッキリとした酸味と和の柑橘やハーブの爽やかさが、心地よい微炭酸に包まれた、青空の下で楽しみたいお酒です。
 仕込みは黄麹と白麹を使用し、通常の速醸もとの四段仕込。
 生酒のまま瓶内二次発酵させています。


 香りには華やかさ。
 レモンや柚子の柑橘系の爽やかな香りに、山椒のスパイシーさが効いた、品の良い神社エールのような印象です。

 口当たりには上品な発泡感。
 ドライな味わいながらも、アロマティックな要素のあるフルーティーな味わい。

 爽やかながらも、エレガントなジューシーさや甘酸っぱさがあり、柑橘系ピールのようなほろ苦さがアクセント。

 乾杯の一杯から前菜など、軽めのお食事に。


※伝統的な日本酒の製法の中でボタニカル原料を使用しておりますが、酒税法上は「その他の醸造酒」という括りのお酒となります。

原料米 出羽燦々 精米歩合 60%
副原料 山椒・柚子・レモン
日本酒度 -7 酸度 4.2
アルコール度 13〜14度 酵母 協会6号酵母
品 名 価格
FONIA SORRA Sparkling 500ml \3,000 (外税)

   





WAKAZE
FONIA tea CHAI (フォニア・ティー チャイ)


FONIA tea CHAI|WAKAZE  まさにチャイなスパイシーさ!

 《茶が彩るボタニカルSAKE「FONIA tea」》
 「FONIA tea」は、茶葉を中心とした世界の多様なボタニカル(植物由来素材)と伝統的な日本酒造りが調和し、その豊かな可能性を解き放った「茶が彩るSAKE」です。

 このCHAIは、茶の七大分類《紅茶》をモチーフに、酒と茶を融合したお酒です。
 5種類のスパイスと共に発酵させることで、上質茶葉を使ったストレートの「チャイ」を表現。

 柑橘系の酸味(クエン酸)を出す白麹に加え、豊かな果実感のある酸味が特徴のリンゴ酸高生産性多酸酵母を使うことで、アップルシナモンのような果実とスパイスの調和を生み出しています。
 フルーティーな甘みと酸味がバランスし、さらに紅茶のニュアンスで気品のある穏やかな印象に仕上がりました。

 色調は淡いピンク。
 スパイシーな要素を伴う、まさにチャイな香り。

 口当たりにはフルーティーな甘みがあり、スパイスと酸が効いたリッチなエキス感と豊かなフレーバー。

 やや密度感のある味わいに、お茶の苦味があり、余韻にかけてはスッキリ。

 食欲をそそる5種のスパイスの香りと、果実と茶葉の味わいの調和をお楽しみください。

 タンドリーチキンやアップルパイなどのスパイスが香るお料理やお菓子と相性が良く、温めてホットワインのようにもお楽しみ頂けます。


※伝統的な日本酒の製法の中でボタニカル原料を使用しておりますが、酒税法上は「その他の醸造酒」という括りのお酒となります。

原料米 出羽の里 精米歩合 60%
副原料 紅茶、生姜、シナモン、クローブ
カルダン、ピンクペッパー
日本酒度 -12 酸度 4.3
アルコール度 13度 酵母 リンゴ酸高生産性
多酸酵母
品 名 価格
FONIA tea CHAI 500ml \2,600 (外税)

   





WAKAZE
FONIA tea ORIENTAL
(フォニア・ティー オリエンタル)


FONIA tea ORIENTAL|WAKAZE  軽快でオリエンタルな甘酸っぱさ!

 《茶が彩るボタニカルSAKE「FONIA tea」》
 「FONIA tea」は、茶葉を中心とした世界の多様なボタニカル(植物由来素材)と伝統的な日本酒造りが調和し、その豊かな可能性を解き放った「茶が彩るSAKE」です。

 このORIENTALは、茶の七大分類《花茶》をモチーフに、酒と茶を融合したお酒です。
 ジャスミン、ハイビスカス、バラといった花々によるアロマのような上質な香り&茶由来の苦みと渋みで、飲むと気分もリラックスできるSAKEです。

 大きな特徴として、花茶の素材やスパイスをただ混ぜたのではなく、日本酒の ”発酵中に入れる” ことで米由来のお酒の味わいや香りとの 素晴らしい調和が生まれました。

 色調は綺麗なローズピンク。
 香りには爽やかさがあり、ジャスミンのニュアンス。

 “白麹もと仕込み”により、クエン酸という柑橘系の酸味を引き出した甘酸っぱくてジューシーなお酒に、茶由来の苦味・渋みでスッキリとした後味が特徴。

 軽快さのある口当たりに、クリアなタッチ。
 バラのような風味に、オリエンタルな要素を伴う甘酸っぱさ。

 上品なお茶のニュアンスに、ジューシーな酸が効いています。

 魚とフルーツのマリネなど、前菜系のお料理と相性が良いです。


※伝統的な日本酒の製法の中でボタニカル原料を使用しておりますが、酒税法上は「その他の醸造酒」という括りのお酒となります。

原料米 出羽燦々 精米歩合 60%
副原料 ジャスミン茶、オレンジピール、ローズレッドペタル
コリアンダーシード、ハイビスカス
日本酒度 ±0 酸度 3.8
アルコール度 13度 酵母 協会6号酵母
品 名 価格
FONIA tea ORIENTAL 500ml \2,600 (外税)

   





WAKAZE
三軒茶屋醸造所のどぶろく 水もと仕込み 30BY


三軒茶屋醸造所のどぶろく 水もと仕込み|WAKAZE  自家醸造所仕込みの爽やかな”どぶろく”!

 オーク樽貯蔵の日本酒や、ボタニカル素材を使用した日本酒など、斬新な切り口で商品開発を行ってきたWAKAZE。
 もともとは醸造所を持っておらず、パートナーの蔵で委託醸造してもらっていましたが、2018年7月に醸造所兼レストランを三軒茶屋にオープン。
 現在、三軒茶屋醸造所では小ロットによる自家醸造も行えるようになりました。

 こちらの”どぶろく”も自家醸造によるお酒。
 三軒茶屋に湧き出る水と山形の米を使用し、”水もと一段仕込み”で醸しています。

 香りには爽やかなカルピスやヤクルトのような乳酸菌のニュアンス。
 口当たりはフレッシュで、爽やかな酸味を感じる甘酸っぱさのある味わいです。

 昔ながらの素朴な”どぶろく”のイメージというよりは、軽快でフルーテイーさやジューシーさを感じる味わい。

 余韻には低精白由来の穀物的な風味も感じられます。

 使用している亀の尾は、全て自然栽培米となっています。
 除草剤や殺虫剤などの農薬を一切使用せずに栽培されたお米です。
 それゆえに、お米の成長過程で、虫による傷であったり、受粉時の天候が影響したことによる「黒い粒」が見受けられる場合がありますが、食べても全く問題ございませんので、ご安心ください。


※"もろみ"をそのまま瓶詰めしている為、瓶内で活性している可能性がございます。開栓の際は十分ご注意下さいませ。

■ 開栓方法 ■
開栓前は立てた状態で、よく冷やしておいて下さい。
@キャップをゆっくり開けていきます。
A活性している場合は、ガスが抜ける音がして、液面がせり上がってきます。
 活性していない場合はそのまま開栓してお楽しみ下さい。
B液面が瓶口に達する前にキャップを締めます。
C液面が下がってきたら再びキャップをゆっくり開けていきます。
DB〜Cを繰り返して、キャップを緩めても液面が上がってこなくなったら開栓して下さい。

原料米 つや姫・亀の尾 精米歩合 70%/92%
日本酒度 酸度
アルコール度 12度 酵母 協会6号酵母
品 名  完売致しました 価格
三軒茶屋醸造所のどぶろく 水もと仕込み 500ml \1,800 (外税)

   





WAKAZE
三軒茶屋醸造所のどぶろく orange 30BY


三軒茶屋醸造所のどぶろく orange|WAKAZE  ベルジャンホワイトな”どぶろく”!

 オーク樽貯蔵の日本酒や、ボタニカル素材を使用した日本酒など、斬新な切り口で商品開発を行ってきたWAKAZE。
 もともとは醸造所を持っておらず、パートナーの蔵で委託醸造してもらっていましたが、2018年7月に醸造所兼レストランを三軒茶屋にオープン。
 現在、三軒茶屋醸造所では小ロットによる自家醸造も行えるようになりました。

 こちらの”どぶろく”も自家醸造によるお酒。
 三軒茶屋に湧き出る水と山形の米を使用し、“Botanical×Non-Pressed”をコンセプトに、ビールの種類である【ベルジャンホワイトエール】をどぶろくで表現しようと考え、仕込まれました。

 白麹を使用した酒母、もろみにオレンジピールとコリアンダーシードを入れて、米・麹と一緒に発酵させました。
 クエン酸由来のすっきりした酸味と、柑橘由来の果実感が楽しめます。


 香りには爽やかさがあり、オレンジなど柑橘系のニュアンスが感じられます。

 クリーミーで甘やかな飲み口に、オレンジピールの風味やほろ苦さ。
 どぶろくとしてはややスッキリとした味わいですが、少々ビターな要素もあり、ちょっと大人などぶろくです。


※"もろみ"をそのまま瓶詰めしている為、瓶内で活性している可能性がございます。開栓の際は十分ご注意下さいませ。

■ 開栓方法 ■
開栓前は立てた状態で、よく冷やしておいて下さい。
@キャップをゆっくり開けていきます。
A活性している場合は、ガスが抜ける音がして、液面がせり上がってきます。
 活性していない場合はそのまま開栓してお楽しみ下さい。
B液面が瓶口に達する前にキャップを締めます。
C液面が下がってきたら再びキャップをゆっくり開けていきます。
DB〜Cを繰り返して、キャップを緩めても液面が上がってこなくなったら開栓して下さい。

原料米 つや姫・出羽燦々 精米歩合 70%
日本酒度 酸度
アルコール度 12度 酵母 協会6号酵母
品 名  完売致しました 価格
三軒茶屋醸造所のどぶろく orange 500ml \1,900 (外税)

   





WAKAZE
三軒茶屋醸造所のどぶろく apple 30BY


三軒茶屋醸造所のどぶろく apple|WAKAZE  すりおろしリンゴな”どぶろく”!

 オーク樽貯蔵の日本酒や、ボタニカル素材を使用した日本酒など、斬新な切り口で商品開発を行ってきたWAKAZE。
 もともとは醸造所を持っておらず、パートナーの蔵で委託醸造してもらっていましたが、2018年7月に醸造所兼レストランを三軒茶屋にオープン。
 現在、三軒茶屋醸造所では小ロットによる自家醸造も行えるようになりました。

 こちらの”どぶろく”も自家醸造によるお酒。
 三軒茶屋に湧き出る水と山形の米を使用し、林檎を“用いず”に、林檎を表現したお酒。

 これまでの白麹もとの発展系『高温白麹もと』を独自に考案。
 麹と酵母がコラボした爽やかな酸味を引き出し、豊かな果実感を実現。
 さらさらとした飲み心地で、連想されるのはまさに「すりおろしリンゴ」。
 どぶろくのテクスチャーも取り入れた隠れた意欲作です。


 香りは比較的穏やか。
 爽やかな乳酸系のニュアンスも感じられます。

 口当たりはフレッシュで爽やか。
 まさにミルキーな”すりおろしリンゴ”的ジューシーな甘酸っぱさや果実味が広がる仕上がり。

 林檎果汁を使っていないにも係らず、不思議とリンゴの味わいが感じられる面白い試みです。


※"もろみ"をそのまま瓶詰めしている為、瓶内で活性している可能性がございます。開栓の際は十分ご注意下さいませ。

■ 開栓方法 ■
開栓前は立てた状態で、よく冷やしておいて下さい。
@キャップをゆっくり開けていきます。
A活性している場合は、ガスが抜ける音がして、液面がせり上がってきます。
 活性していない場合はそのまま開栓してお楽しみ下さい。
B液面が瓶口に達する前にキャップを締めます。
C液面が下がってきたら再びキャップをゆっくり開けていきます。
DB〜Cを繰り返して、キャップを緩めても液面が上がってこなくなったら開栓して下さい。

原料米 つや姫・出羽燦々 精米歩合 70%
日本酒度 酸度
アルコール度 12度 酵母 リンゴ酸高生産性
多酸酵母
品 名  完売致しました 価格
三軒茶屋醸造所のどぶろく apple 500ml \1,900 (外税)

   


当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用をお断りします。
すべての内容は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。 引用・転載の際は必ずご連絡下さい。
Copyright(C)2005 nobori-sake.biz All Rights Reserved.